8月7日(金)放送の連続ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系列、毎週金曜22:00)第4話は、芳根京子演じる主人公たちが歌う合唱曲として、ゴールデンボンバー「女々しくて」、チューリップ「サボテンの花」、フィンガー5「学園天国」などのオリジナルメドレーが登場。

同作は、芳根演じる、表参道高校に転入してきた合唱好きの破天荒なヒロイン・香川真琴が、廃部寸前の合唱部を立て直し、歌の力でミラクルを起こす青春ストーリー。芳根をはじめ、志尊淳、吉本実憂、森川葵、堀井新太、高杉真宙、萩原みのり、泉澤祐希といった次世代のスター俳優がフレッシュな演技を見せているほか、神田沙也加城田優といったミュージカルでも活躍し、歌唱力に定評のある俳優陣が脇を固めている。第4話には、俳優でダンサーの中河内雅貴がゲスト出演。

[第4話あらすじ]ようやく部の存続が認められ、合唱部の部員たちは大喜び。そんな中、合唱部顧問の鈴木有明(城田)が、元部員・小山田周二(中河内)に訴えられるというピンチが発生する。合唱を愛し、熱い指導を行っていた有明を心から慕っていた周二は、“ある事件”のせいで“歌”を失ってしまったのだ。そしてこれをきっかけに、有明も“合唱”から離れてしまったのだった。この事実を知った真琴は、担任で合唱部副顧問の瀬山えみり(神田)やクラスメイト・夏目快人(志尊)の手を借り、真相を探ろうとするが……。

『ごみの出ないミラクルパック』動画はこちら 普段よく見かける菓子などに使われているチャック付きの袋。しかし開封するときに必ずごみが出てしまう。そんなごみを出さない袋が開発されました。 普通チャック付きの菓子袋は、チャックより上で袋全体を密閉しています。そのため開封するときには、チャックの上の部分を切るため、ごみが出ます。 しかし、ミューパック・オザキが開発した「ミラクルパック」はチャックの下が密閉...

ページトップへ
Twitter Facebook