2014年にメジャーデビューして注目を集める、実の姉妹による音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」がメインキャストとして映画初出演を果たした『飛べないコトリとメリーゴーランド』で、岡野真也さんが演じた主人公・羽田コトリの同僚、比嘉のぼるを演じた渡辺佑太朗さんにインタビューを行い、役どころや共演者の方の印象などを語っていただいた。

――比嘉のぼるは、どのような役どころですか?

すごく不器用で、本当にどんくさい感じの男の子で、自分で変なことをしているつもりは全くないんですが、周りから見たらすごくおかしく見えてしまう。でも、すごくピュアで、本当に人のよさ、心の優しさみたいなのを持っている役です。

――主演で羽田コトリ役の岡野真也さん、島崎江波役の成田凌さんとはどんなお話をされましたか?

岡野さんとは、「アゲイン!!」というドラマで共演させていただいたことがあり、お互い「頑張っていこうね」みたいなお話をしました。成田くんとは、一緒のシーンがなかったので、現場ではあまりお話し出来る機会はありませんでしたが、舞台挨拶などで会ってお話したりしました。

――チャラン・ポ・ランタンのお二人の印象は?

すごく芸達者な方々で、もちろんアーティストさんなので歌も素敵だし、お芝居もすごく面白くて、すごいなと思いました。

――のぼるは納豆をカップ麺に入れるという食べ方にはまっていましたが、渡辺さんが最近はまっていることはありますか?

『となりの関くん』の影響もあって、マンガはよく読みに行くようになりました。この前、久しぶりに「アゲイン!!」を読んでみたりして、ちょっと懐かしかったです。

――劇中では、コトリの妄想世界が度々現れていましたが、妄想はされる方ですか?

妄想はよくしますね(笑)。日常茶飯事です。例えば、ワールドカップで優勝するフリーキックを蹴る、みたいなこととか。本当に何でもします。

――映画の見どころや、注目ポイントをお願いします。

藤森出版を舞台に現実と現実逃避の世界を行き来する主演のコトリちゃんの小さな一歩を描いた物語で、誰もが社会に出てから感じるつらさとか痛みとかを、この映画を通して共感したり、「こんなこともあったよな」って思っていただければすごくありがたいです。日常とファンタジーな部分が混ざった映画なので、一粒で二度おいしいじゃないですけど、そんな感覚を味わえると思うので、ぜひ、見てほしい作品です。

2月26日(金)より、動画プラットフォーム「TELASA(テラサ)」初のオリジナルドラマ『主夫メゾン』の配信がスタートした。 本作は、結木滉星/稲葉友/奥野壮/磯村勇斗/瀬戸利樹ら、テレビ朝日特撮枠を経験した旬の若手人気

ページトップへ
Twitter Facebook