女優の蓮佛美沙子が、7月9日(木)21時よりスタートする新ドラマ『37.5℃の涙』(TBS系列、初回は15分拡大スペシャル)で、民放連続ドラマ初主演を果たすことがわかった。

同ドラマは、発熱した子どもの体温が37.5℃を越え、保育園からお迎えの要請がかかっても仕事を休めない親に代わり子どもの世話をする“病児保育士”の女性が、仕事、恋、家族、友情に向き合っていく涙あり笑いありの成長物語。小学館の漫画雑誌「月刊Cheese!」で連載されている椎名チカの同名漫画が原作となっている。

蓮佛が演じるのは、訪問型病児保育「リトルスノー」で病児保育士として働く主人公・杉崎桃子。保育士として奮闘するも、笑うのが苦手なことから保護者とのコミュニケーションがうまく取れず、1年で契約打ち切りとなった過去を持つ。長かった髪を35cm以上もカットしたという蓮佛は「原作を読み、できるだけ桃子に近付こうという思いから髪を切りました。桃子はとても不器用だけど、前向きに頑張っている女性。時にはその頑張りが滑稽に見えてしまうような人です。桃子は、病児保育士としていろいろな場所に派遣され、各家庭の事情とさまざまな出来事に躓き、失敗し、叱られ、泣いて笑って恋をして、悩んでいきます。これから桃子を演じられることが楽しみで、とてもワクワクしています。現代を生きる人たちの想いがギュッと詰まったドラマです」と目を輝かせる。

また、成宮寛貴、速水もこみち、藤木直人、トリンドル玲奈、鈴木梨央、藤木直人、水野美紀、浅野温子といった豪華キャストの出演も決定した。成宮が演じる、不器用な桃子の成長を温かく見守る上司・朝比奈元春と、速水演じる、リトルスノーの顧客でシングルファーザーの篠原健介は、蓮佛演じる桃子と恋の三角関係を展開。成宮は「面白い切り口のドラマだと思いました。桃子のフィルターを通して親と子、それぞれの立場が描かれています。僕は病児保育スタッフたちを管理する職業の役ですが、父でもあるので、職場と子どもに挟まれてのさまざまなエピソードをご覧いただけると思います」と、速水は「原作漫画を拝見し、さまざまな問題を抱えた桃子が、前向きに明るく頑張る姿に背中を押されました。篠原は、6歳の息子を持ち、桃子に仕事を依頼するシングルファーザーです。桃子と篠原の展開にも、ぜひ、注目していただければ」と、それぞれコメント。

一方、藤木演じる、マニュアル重視の鉄仮面上司・柳主税(ちから)や、水野演じる、高いプロ意識を持つ先輩保育士・関めぐみに揉まれるも、トリンドル演じる、親友で幼馴染のイマドキ女子・優美香に助けられ、桃子は成長していく。藤木は「このドラマで、病児保育士という存在を知ったり、実際に育児で大変な思いをしている人を勇気付けたり、子どもを育ててみようかなと思うきっかけになればと思いました」と、水野は「原作漫画を読み衝撃を受けました。原作ファンの皆様ごめんなさい。めぐみという役、33歳の巨乳保育士じゃないですか!? 私は33歳でも、ましてや巨乳でもないじゃないですか!! こうなったら、ドラマでは私なりの“めぐみ”をしっかり演じさせていただきます。頼れる先輩保育士として、全力で新人をサポートしたいと思います」と意気込みを語る。

さらに、浅野演じる、母・富美子をはじめとする、桃子の過去に暗い影を落とす実家との確執も描かれる。蓮佛は「素敵な男性たちに囲まれて嬉しい反面、浅野さんが少し怖いお母さんを迫力満点に見せてくださると思います」と、共演者たちに期待を寄せている。

渋谷未来プロデューサーは「蓮佛さんという天才女優の連ドラ初主演作品に携われ、本当に光栄です。ドラマでは“仕事と恋”という普遍的なテーマが描かれますが、既存のドラマとは一味も二味も違った新しい形で伝えさせていただきます。小さなお子さんをお持ちの方はもちろん、幅広い世代の方々に、毎週笑って泣いてもらいたいと思っております。是非、ご家族そろってご覧ください」とメッセージをおくっている。

関連ワード

ページトップへ
Twitter Facebook