3月3日(土)に『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送、18:00~)が放送され、先日行った単独ライブのことや時事ニュースのことなどを語り、“たけし節”を炸裂させた。

2013年2月以来、5年ぶりに一夜限りの復活となった同番組。レギュラー放送(1981~1990年)をしていた頃の時間帯は木曜25時~27時ということもあり、ビートたけしは「オールナイトだろ? (この番組は)土曜日の18時だよ?」と不満げ。構成作家の高田文夫は「“夜の雰囲気でやってくれ”って言われている」となだめる一方で、「その変わりコンプライアンスはうるさいから」とたけしが暴走しないように釘を刺した。

今回、ラジオにもかかわらず大相撲の立行司・第40代式守伊之助のコスプレで収録に参加したたけし。今年1月に開催された「ビートたけし ほぼ単独ライブ 第五弾」でも着用したものだそう。イベントに足を運んだという高田は「招待席には関係者がズラッといたよ」と回顧し、さらに「右見たらズラーッと怖い人が並んでいるから“あ~黒い交際もあるんだな”って」と予想。しかし「よく見たらみんな『アウトレイジ』に出ていた人(俳優)だった」とオチをつけた。

そんなたけしは、来年の大河ドラマ『いだてん』に出演予定。「(裏の時間帯で)日曜20時に『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日系)やってんだけど、ドラマの撮りが始まっていないから取引しようって。だから『スポーツ大将』1年間休むんだって」と裏話を語り、「これで27時間も出るってなったらどうする? って……しょうがないから“勝手にしろ”って言ったんだよ」と述べた。また、現在放送中の大河ドラマ『西郷どん』については、「最初(聞いた時は)“テポドン”かと思った」とギリギリの発言をし、高田を笑わせた。

話題は先日大竹まことが行った謝罪会見の話へ。たけしは「なんだあのまことの隣にいた女は!」と芸能レポーターに激怒。「(大竹の)娘なんてとっくに大人で、納税もしているのになんで親が出ていかなきゃいけないんだ。バカなんだよ」とぶった斬り。さらに「その後、まことがテレビやラジオを急に休んじゃったんだよ。インフルエンザだったのに(新聞やテレビで)“休んでいるのは、じつは風邪じゃなく謹慎しているんじゃないか”って勘ぐるんだよ。かわいそうだよ!」と大竹を思いやった。

いよいよ番組もエンディング。たけしは「(ライブに)客が来るうちは花だな。客が来なくなって辞めるのはいいんだよ。でも自分の生活が安定したから辞めるっていうのは泥棒だよね」と熱い芸人論を語る。続けて「“まだやってくれ”って言う人がいるうちは、(客が)20人でもやるよ」と舞台に立ち続けることを表明していた。

ページトップへ
Twitter Facebook