吉川愛板垣李光人がW主演する連続ドラマ『カラフラブル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第3話が4月15日に放送された。仕事熱心だが自分自身には手を抜きがちな漫画編集者・町田和子(わこ/吉川愛)と、メイクやファッションを自由に楽しむジェンダーレス男子・相馬周(めぐる/板垣李光人)のラブストーリー。さらに、今回から、周にライバル心を向けるゆうたん(永田崇人)も登場。Twitterからは、「ゆうたんの感情、痛いほど伝わる」「周君もゆうたんもまとめて抱きしめたい」という声が上がった。

再会してすぐ周から告白された和子は、お試しで付き合うことに。「僕の全部、絶対好きにさせるから」と最初から積極的な周に対し、和子は彼があまりにも美しいため異性として付き合うことに戸惑いを隠せない。しかし、周の優しさと一途な想いを知っていくうちに、和子も少しずつ周を意識し始めるようになる。

ある日、和子と周は、有名モデル・キラ(桐山漣)とタレント・ゆうたんの対談に立ち会う。可愛らしいファッションと不思議なキャラクターで人気のゆうたんは、歌のお兄さんとして子供番組に出演していた。その後、キラはゆうたんが出演する子供番組にゲスト出演することになるが、子供の扱い方が分からないために泣かせてしまい、収録が止まってしまう。そんな中、子供たちを慰めて落ち着かせた周は、キラに代わって番組に出演することに。周は子供たちの心を掴んで、収録は順調に進む。その様子を見たゆうたんは「僕、お前みたいな奴、大っ嫌い」と、自由に個性を輝かせる周に激しい嫉妬心を燃やすのだった。

収録後、周は自分らしく生きることで「カラフルな世界を広げていきたい」とゆうたんに主張するも、「多様性を認めるってことは、『僕たちを嫌い』っていう想いも受け止めるってことじゃないの?」と反論されてしまう。人と違うことでいじめを受けてきたゆうたんの苦悩がわかる周は、思わず和子の前で「つらい」と泣き崩れてしまい……。Twitterでは、「ズシンとくる回」「泣きそうになりながら見た」「ゆうたんの感情、痛いほど伝わる」「心苦しくて涙なしで見られない」「周君もゆうたんもまとめて抱きしめたい」という視聴者からのコメントが寄せられた。

乗り越えたかに思えた周の心の傷が、ゆうたんとの出会いよって再び痛み出す。果たして和子は、周を立ち直らせることができるのか? 新時代のカップルが抱える等身大のテーマが、見る人の心にも深く問いかける作品となっている。

【文:齋藤 めぐみ】

読みテレ
ページトップへ
Twitter Facebook