テレビの視聴率がネット記事で取り上げられることがあるが、その視聴率が“世帯視聴率”なのか“個人視聴率”なのかバラバラだったりする。じつはテレビ局の指標は2020年春から変わっている。それまでの“世帯視聴率”から“個人視聴率”にだ。 これ、簡単に言うと、世帯視聴率は世帯が対象で家族の誰かひとりでも見ていたら「見た世帯」としてカウントされ、一方、個人視聴率は家族ひとりひとり が対象で「何人が見たか」を個人ベースでカウントしているのだ。つまり、どんな人物がその番組を見ていたかが明確にわかるよう...

ページトップへ
Twitter Facebook