アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)9月19日放送の「坊っちゃん亭へようこそ(前編)」では、少年探偵団の可愛らしい姿が視聴者の心をつかんだ。

江戸川コナンたち少年探偵団が、公園を通りかかるとそこには傷だらけの猫がいた。猫はどうやら何者かに暴行を受けたようだ。急いで病院に連れて行き、少年探偵団は猫の爪に残っていた血痕と繊維から犯人捜しを開始する。そんな中、夏目漱石の有名な小説『坊っちゃん』を再現した料亭『坊っちゃん亭』で、接客係主任の“うらなり”が遺体となって発見されたことを知る。彼の上着は、猫の爪に残っていた繊維と酷似していて……というストーリー。

今回、傷ついた猫を発見してしまった歩美は怒りと悲しみで泣き出してしまう。そんな歩美に寄り添い慰める姿や、猫を優しく抱き上げ病院まで連れていく姿が視聴者の胸を打った。それを眺めながら「動物には妙に優しい」と言うコナンの言葉もうけ、Twitter上では、「動物と歩美ちゃんに優しい哀ちゃんすき」「そんなことないぞ! コナン、おまえにも優しいだろうがぁ!」など、多くのつぶやきで賑わった。

また登場した料亭が小説の『坊っちゃん』がテーマということで、作品を知らない歩美と元太に説明をする役割を、コナンは光彦に「説明頼むよ」と一任する。得意げに、わかりやすく説明する姿に、視聴者も「頼まれて嬉しそうにしてるのカワイイ」「こっちが勉強になったわ……」と、ほっこりした様子。

最近では、すっかり仲良くなり常に歩美を気にかけている灰原。自分の不在時、光彦に推理を任せることもあるコナン……と、関係も少しずつ変化している少年探偵団。今後、彼らはどのように成長していくのか? 多くの視聴者が見守っている。

【文:山田 奈央】

読みテレ

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)5月15日の放送は、「毒を入れたのは誰」。ある名言が登場し、視聴者が盛り上がった。 コナンと蘭は、小五郎の依頼主である笹野金融二代目社長主催のパーティー会場にいた。社長には殺害予告が届いており、ボディガードのためにきていたのだ。会場には、秘書やスタッフ、客たちがいた。先代のころから、詐欺同然の金融業だったという笹野金融。会場に来ている客の3人は、どうやら社長のことを恨んでいるらしい。それぞれが会場で過ごす中、社長が倒れ...

ページトップへ
Twitter Facebook