アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)8月29日放送の「探偵を引きずり回す」では、犯人がだれかわからない場合に出現する真っ黒な人物“黒タイツ”が登場。その正体に驚きの声が上がった。

小五郎のもとに「大切なブローチを盗まれた」という女性がやってくる。女性は犯人から手紙を受け取っていた。指定された公園に向かった小五郎たちは、そこにあったカラクリ時計から新たな手紙を発見する。そこには二人の行動を見張っていたような文章と次の場所が指定されていた。次々に場所を移動させられていた小五郎は、2年前に解決した“ある事件”を思い出していた……というストーリー。

ファンの間で“黒タイツ”という愛称で呼ばれる真っ黒な人物が小五郎たちのあとをついて回っていた。通常は、犯人が分からない場合などで代わりに登場するのだが、今回の“黒タイツ”の正体はコナンだった。

Twitter上では「なんか黒タイツ小さいなって思ったら……」「かわいい黒タイツさんはコナンくん!」「初めて見た―」「前にもどっかであったよね……? なんだっけ?」などと盛り上がった。

幼少期にこの“黒タイツ”がトラウマになった……というファンも多い、強烈なインパクトを残す存在。現在は“犯沢さん”としても多くの人に愛されるようになった。まれではあるが、工藤新一や毛利蘭などのメインキャラクターが“黒タイツ”になることもあり、今後の動向にも注目が集まる。

【文:山田 奈央】

読みテレ

「剣と本」をモチーフにした、ファンタジー活劇『仮面ライダーセイバー』。 令和仮面ライダーの第2弾となる本作で、仮面ライダー史上初の「放送連動型の連載スピンオフ作品」をお届けすることが決定した。 11月8日(日)より、本編

ページトップへ
Twitter Facebook