台湾から上陸したタピオカミルクティーが、この数年で街を席巻するほどのブームになっています。もともと、台湾でタピオカミルクティーが生まれたのは1980年代なのだそう。それが日本における台湾ブームの波に乗り、国内にタピオカミルクティー専門店が相次いで出店。一気にブームに火がついたと言われています。おしゃれなパッケージ、ケーキやクリームたっぷりのフラペチーノよりくどくない甘さが、若い女性の好みに見事にハマったともいわれていますね。タピオカミルクティー専門店の激戦区のひとつが、「スイーツの街」ともいわれ

ページトップへ
Twitter Facebook