山口紗弥加が主演の連続ドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)の第3話が10月18日に放送された。絶賛売り出し中のアイドルグループ・ミルキーロードのミカ(田中真琴)の妊娠発覚で会社から損害賠償を求められることになったマネージャーで恋人の犬飼遊真(森田甘路)。チーフの花園由祐子(平岩紙)は、「この世界じゃ見せかけの愛がすべてなの。真実の愛なんて一円(の価値)にもならないの」と正論で2人を追い詰める。これにはTwitterで「怖すぎるけど正論です」「事務所からしたら商売で商品だもんな」「これは花園に同情」など、厳しい芸能界で生きてきた花園の意見に納得の声が多くあがっていた。

4月の緊急事態宣言発出から約1ヵ月半...わずか数週間で、テレビ業界は大きく変わった。バラエティ番組はスタジオ収録がほぼなくなり、過去の総集編・傑作選のほか、タレントのリモートによる出演が増えるなど新たな可能性を模索している。ドラマは......というと、先頃、NHKが大河ドラマと連続テレビ小説の放送を6月中に中断すると発表。余裕をもって撮影がなされていた大河と朝ドラですら"ストック"がなくなり、各局が収録を自粛して以降、元の状況に戻れずにいる――。そうした中、5月25日に東京を含む5都道府県で

ページトップへ
Twitter Facebook