『半妖の夜叉姫』は、高橋留美子先生原作『犬夜叉』の世界観を受け継ぎ、殺生丸や犬夜叉の娘たちの活躍を描く戦国御伽草子だ。 2020年10月~2021年3月には壱の章が放送され、その第24話では殺生丸とりんの娘の日暮とわ&せつな、犬夜叉とかごめの娘・もろはが、「東国の獣王」と呼ばれる大妖怪・麒麟丸と激突。麒麟丸の一刀によってなんとせつなが命を落としてしまったのだった。 せつなの死をはじめ、たくさんの謎と課題を残したまま幕を閉じた壱の章に、Twitterでは「せつなはどうなっちゃうの⁉」「弐の章で...

10月22日(きんようび)ごぜん10:55~11:25ほうそう『にんにくこぞうとコチョウランさん』 あわてんぼうなにんにくこぞう。ニンニクをとどけにいくとちゅうで、コチョウランさんとであうよ。そのとき、にんにくこぞうのツボと、コチョウランさんのはなたばがいれか

ページトップへ
Twitter Facebook