アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)9月4日の放送は、「モノレール狙撃事件(後編)」。江戸川コナンと毛利小五郎の姿に疑問の声があがった。

モノレールに乗って湾岸エリアへと向かっていたコナンと小五郎が、そのモノレールに銃弾が撃ち込まれ乗客の1人が負傷するのを目撃するところから始まる。緊急停車したモノレールから飛び出し、犯人の追跡をする2人は、狙撃地点と思われるマンションの一室へとやってくる。犯人の姿はなかったが、鑑識の捜査の結果、そこは狙撃地点であり別の殺害事件が起こった現場であることが判明した。しかし、病院に運ばれていた被害者から摘出されたのは、到底狙撃に向いているとは言えないトカレフの弾で……というストーリーの解決編。

前編から、コナンと小五郎が仲良くモノレールに乗っている姿などが登場し、ファンは微笑ましく見守っていた。無事に事件を解決したあと、二人が入ったのは市場であるにもかかわらずラーメン店。コナンは隣にある寿司屋を眺め「お寿司……」と呟く。

理由が明かされなかったこともあり、Twitter上では「結局、二人で何しに行くつもりだったんだろ?」「どこへ出かける予定だったのか気になる……」「まさかラーメン食べに行ったわけじゃないよね?」などと呟かれた。

最近、一緒に行動するエピソードの多いコナンと小五郎。二人の心境と関係に、どのような変化があるのだろうか?

【文:山田 奈央】

読みテレ

10月22日(きんようび)ごぜん10:55~11:25ほうそう『にんにくこぞうとコチョウランさん』 あわてんぼうなにんにくこぞう。ニンニクをとどけにいくとちゅうで、コチョウランさんとであうよ。そのとき、にんにくこぞうのツボと、コチョウランさんのはなたばがいれか

ページトップへ
Twitter Facebook