読売テレビ・日本テレビ系で、今夜10月18日(日)夜10時30分 第2話が放送の新日曜ドラマ『極主夫道』。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍を演じている。この第2話では、かつての

テレビ東京では、上質なサスペンスなどを放送している月曜プレミア8枠にて、10月26日(月)夜8時から「横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ」(主演:仲村トオル)、11月9日(月)夜8時から「モノクロームの反転」(主演:岸谷五朗)を放送します。 原作は本格ミステリーにして警察小説の最高峰との呼び声も高い横山秀夫の連作F県警シリーズの同名小説(『第三の時効』所収)。山梨県警本部の強行犯捜査係を舞台にした"県警史上、最強"と謳われる捜査チームで班長を務める二人の男の生きざまを通して事件の真相に迫る本格警

ページトップへ
Twitter Facebook