生瀬勝久、仲間由紀恵

仲間由紀恵が、6月23日に放送された『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)にゲストで登場。インターネット上では、突然の“仲間&生瀬”コンビ復活に大盛り上がりを見せていた。

「生瀬の野望」と題し、趣味の釣りで金儲けして別荘を購入しようと企む生瀬勝久。だが過去2回とも赤字続きのため、今回3度目の正直を願う生瀬は、強力助っ人・仲間を呼び寄せ、高級魚・マゴチ釣りに同行してもらうことに。スタジオでは、突然の国民的大女優の登場にどよめきが起こり、博多大吉博多華丸・大吉)も「一番の大物を釣り上げてるよ!」と大興奮。すると、生瀬は今回仲間へのオファーはコネで依頼したと告白。仲間は生瀬の家族旅行にも便乗したことがあるほど、プライベートで大の仲良しなのだそう。

今回のお願いを快く引き受けた仲間とは、ドラマ『TRICK』(テレビ朝日系)や『ごくせん』(日本テレビ系)などで共演。ドラマの話題になると、生瀬はとにかく撮影が地獄だったと暴露。仲間も「撮影は朝から朝まで20時間くらいやっていました」と大きく頷いた。オールロケ、カメラ1台で多数のカットをこなす撮影をしなければならず、とにかく大変だったと振り返った。当時、生瀬は仲間が結婚するイメージがなかったようで「(結婚を知った時)『結婚するのかぁ……』って、親戚のおじさんのようなイメージ」と笑った。

そうして、思い出話に花を咲かせる2人が、力を合わせて釣り上げたマゴチの買取総額に、生瀬は驚きの声をあげることになった。

ネット上では仲間の登場に大盛り上がり。「まさかの仲間さん!」「課長のコネ最高です!」「生瀬&仲間の奇跡」「こんなテンション高い仲間さん久しぶり」というコメントが見られた。

次回は6月30日に放送。狩野英孝大島てると共に、超絶難度の駐車に挑戦する。

2001年にデビュー。以来、数々のヒット曲を生み出し、歌姫として圧倒的な存在感を放ち続けてきた日本屈指の女性アーティスト。今年デビュー20周年を迎える「中島美嘉」BLOOD SONGは…新曲『SYMPHONIA』と中島みゆき楽曲『命の別名』を披露毎週1組のアー

ページトップへ
Twitter Facebook