菅田将暉

菅田将暉有村架純神木隆之介仲野太賀古川琴音が出演する土曜ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の最終話が、6月19日に放送。解散ライブを経て、それぞれの道を歩き出したお笑いトリオ・マクベスの3人と中浜姉妹の姿に、インターネット上では感動のコメントが殺到した(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、現代の5人の若者の生き様を描いた群像物語。「あの頃」に思い描いていた「大人の自分」とはまるでかけ離れた「大失敗」な人生を歩んでしまった20代後半の若者たちが、その「失敗」をしたからこそ出会う人や出来事によって、まるで思い描きもしなかった未知の「幸せ」と巡り合う。

解散ライブはコント「水のトラブル」で幕を開ける。会場では、これまでマクベスを応援し続けてきた中浜里穂子(有村)をはじめ、美濃輪潤平(仲野)の彼女である奈津美(芳根京子)や恩師の真壁(鈴木浩介)らが3人の最後のステージを見守っていた。

里穂子は1年前に出会ったマクベスとの日々を回想しながら、「私にとってマクベスとはいったいなんだったんだろう」と思いを馳せる。そして、マクベスの高岩春斗(菅田)も「俺にとってマクベスとはいったいなんだったのか」と振り返る。

解散ライブが終わり、春斗と潤平と朝吹瞬太(神木)の別れの時も近づいていた。冷蔵庫を巡る争奪戦の末、じゃんけんに勝利した春斗は、勝ち名乗りを上げようとするがふいに涙をこぼしてしまう。マクベスとしての最後の瞬間に思いが溢れてくる3人。春斗は獲得した冷蔵庫と暮らす部屋を探し出し、潤平と瞬太は同じ日にマンションを出ていった。

神木隆之介、古川琴音
神木隆之介、古川琴音

こうして、それぞれの新しい生活が始動。潤平は家族に奈津美を紹介し、冒険に旅立つ瞬太は中浜つむぎ(古川)と最後の時間を過ごしていた。春斗はファミレス「メイクシラーズ」を訪れ、就職のために店を辞める里穂子と再会。里穂子は「マクベスに出会えて本当によかったと思っています」と感謝を伝え、マクベスへの思いを春斗にぶつけるのだった。

菅田将暉、有村架純
菅田将暉、有村架純

ラストは5人のその後が描かれ、マクベスを巡る物語は終幕。ネット上では「涙なしでは見られなかった」「新たな希望が見えてとても良かった」「楽しくてちょっと切ないドラマ」「夢を持って頑張ることは尊いな、としみじみ思えた」などのコメントが寄せられた。

伊藤沙莉&江口のりこがW主演を務める実写ドラマ『モモウメ』(Huluで毎週金曜21:00~4エピソードずつ配信(全40エピソード)/日本テレビ系で毎週日曜14:00頃に厳選された1エピソードが放送(全10エピソード))。このほど、オズワルド(伊藤俊介、畠中悠)がドラマ脚本に初挑戦する。

ページトップへ
Twitter Facebook