「水のトラブル」「屋上」「奇跡の水」「捨て猫」「カラオケボックス」「金の斧銀の斧」「無人島」「ファミレス」「結婚の挨拶」……。これらは『コントが始まる』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の初回からのサブタイトルであり、そのままマクベスというお笑いトリオのコントネタ。放送と同時にお笑いライブの醍醐味である出囃子が鳴り、いきなりコントから始まるのがこのドラマのお約束だ。出囃子が鳴り終わって暗転明けするワクワク感は、実際に劇場で味わうライブの興奮とよく似ている。

6月18日(金)深夜0時12分からは、ドラマ24「生きるとか死ぬとか父親とか」第11話を放送! 原作は、ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める"独身のカリスマ"ことジェーン・スーが、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリー。主人公のモデルはジェーン・スー自身であり、そんな主人公を吉田羊が演じている。主人公・蒲原トキコ(吉田)は20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也(國村隼)がたった一人の肉親。愛嬌はあるが破天荒な70代の父、独身で

ページトップへ
Twitter Facebook