広瀬すず櫻井翔がW主演を務める『ネメシス』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第2話が、4月18日に放送。インターネット上では、櫻井のラップシーンに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ポンコツ探偵・風真尚希(櫻井)と天才すぎる助手・美神アンナ(広瀬)が、お互いを助け合いながら、難事件に挑んでいく。“すべての事件が、最後の謎につながる”。無関係なはずだった事件は連鎖し、驚愕の真実が浮かび上がる……新時代の探偵物語。

今回の依頼主は女子中学生・神谷節子(田牧そら)。児童養護施設で一緒に育った兄・樹(窪塚愛流)が1週間前から行方不明だという。早速、彼が出入りしているというクラブ「P.O.P」へ。オーナーの阿久津(渡辺大知)や、スタッフの木嶋(般若)らに事情聴取をする中、樹が仲間とサイファー(複数人が輪になって即興でラップをすること)に興じていたことを知る。実際にサイファーをやってみせる彼らの輪の中にアンナも入り、盛り上がった。彼らの情報によると、樹が西園寺佑(菅原健)ら振り込め詐欺集団に関わっているとの噂が! 

さらなる情報を得るため、道具屋の星憲章(上田竜也)のもとへ。時間に厳しい星は、持ってくる手土産によって面会時間を決めるという。彼に依頼したのはGPSの製作。アプリと連動して相手の居場所がわかるもので、調査にも役立ちそうだ。樹のことを聞くも「この子は信用ならない」とアンナを警戒。「何か面白いことやって」との無茶ブリに、アンナは、インドの猿、インドのイグアナなど披露し、何とか信頼を勝ち取った。彼から、詐欺や殺しまでやるというグループの拠点を教えてもらった。

早速、変装して教えてもらった住所へ。GPSで盗聴すると、樹が振り込め詐欺の受け子として働いていることを知る。被害者のフリをして取り押さえようとしたが、逃がしてしまった。“ドンファン事件”で知り合った上原黄以子(大島優子)の力を借りて追いかけると、あるアパートに入る樹を目撃。侵入すると、そこには血がついたナイフを握った樹の姿が。そばには西園寺が倒れていて……。

その後事件は解決。樹は、養護施設の先生に振り込め詐欺に関わったことを叱咤されるも、風真は、その裏にあった彼の胸中を代弁する。泣き崩れる樹だったが、施設の子供たちのリクエストでラップを披露。風真もラップで彼にエールを送った。

ネット上では、アンナが「ラップできるんですね」と話しかけると「昔やってたからね。カザラップ」と答えたシーンに、「久々に翔くんのラップが聴けて嬉しかった」「全身がゾワッとして泣きそうになった。カザラップなんだけど、力強さと優しさが混ざった あの声とリズムは私の大好きな櫻井くんのラップなの」との反応が。また、今作がドラマデビューとなった窪塚洋介の息子・愛流の出演については、「顔ちっちゃいしスタイルレベチだし昔の窪塚洋介にやっぱ似てるな。遺伝子最強」「樹くんと風真さんのラップのシーンめちゃ胸にきた」との声があった。

次回第3話は4月25日に放送。アンナは美人理系大学生・四葉朋美(橋本環奈)と出会い意気投合。朋美は、アンナに負けず劣らずの天才的な頭脳を持つスーパー理系大学生。そんな朋美が風真に一目惚れ!?

ページトップへ
Twitter Facebook