マツコ・デラックス村上信五関ジャニ∞)がMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系、毎週月曜23:59~)が、4月12日に放送。先週に引き続き濃いめのメイクをしている村上に対し、「村上くんの顔に慣れないw」「オープニングの村上くん、メイク似合わないと思ったけど、ワイプで見るとイケメン」などの反響がインターネット上に寄せられた。

1年ぶりにセットが復活したスタジオでは、10人の観覧者が。マツコが「みなさんもう1つ変なことに気づきません? 村上は先週からメイクをしています」と紹介。続けて、「良いんじゃないって人?」と尋ねると無反応。「あんまり良くないんじゃないかなって人?」と質問すると全員が手をあげたのだった。

今回は「全国の変わった市町村を調査!」をテーマに、年収ランキングで全国9位の北海道猿払村を紹介。日本最北端の村としても知られる猿払村の人口は約2700人、平均所得年収は620万円で、ホタテ漁師を生業とする人が多い。かつては「貧乏みたけりゃ猿払に行け」と言われた廃れた村だったが、当時の村長と漁業組合の組合長が手を組み、村の予算の半分を5年間つぎ込み試行錯誤の末、ホタテの水揚げに成功。以来、ホタテの水揚げ量は日本一で、「みんな金持ちだよ」「金余ってるんだよ」と村人が明かす。

そのため、豪華な家が多く、とある漁師の自宅を案内してもらうと、80インチのテレビに野外コンサートで使えるスピーカーを数台設置したカラオケもできる吹き抜けの広いリビング、趣味部屋には鉄板焼きのテーブルに雀卓と豪華絢爛な設備が整っていた。聞けば土地代が128万円、建物が7000万円の自宅だという。一方、道で出会った教員の校長住宅は平屋建で「こんなもんですよ」とホタテ漁師とは雲泥の差があるとでも言うかのように笑った。

ネット上では、村上のメイク姿に「個人的にはメイクしてる村上くんいいと思う」「今週も村上のメイクの濃さしか入ってこない 笑」「ジラ子(大倉忠義)にお友達ができる予感」「村上くんの顔に慣れないw」「オープニングの村上くん、メイク似合わないと思ったけど、ワイプで見るとイケメン」「二重幅が綺麗だからかアイシャドウ映えする目で羨ましすぎる! あんなぱっちり二重だったらメイクするの楽しそう」といった反響が。

また、猿払村については「猿払村に嫁ぎたい」「ホタテ漁師のなんと素晴らしいお金の使い方……そうそう、こうだったのよ……と、バブルが懐かしかった」「ホタテ御殿すごかったけど、村上のメイクのが勝ってる笑」「猿払村すごいな……なんか同じ日本なのかというぐらい世界が違う」などのコメントが寄せられた。

次回4月26日は「村上のメイク問題」と題し、村上がマツコにメイクを施される。

「ももクロちゃんと、〇〇〇!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。 5月14日(金)の同番組は、「活弁」をテーマに放送す

ページトップへ
Twitter Facebook