二宮和也の冠バラエティ『ニノさん』(日本テレビ系、毎週日曜10:25~)が、4月11日に放送。ゲストに勝地涼中村蒼が、先日放送された「ニノさん2時間SP」で、未公開の「勝手にダービー」に参戦するが、その結果に、関わった人全員が凍り付くという非常事態が発生した。

同番組は、好きなものを極め、日々キラキラと輝いて生きているゲストに、楽しく生きるセンス(料理センス・博識センス・生活センスなど)を番組オリジナルの形で紹介していくバラエティ。スタジオには勝地、中村の他に、吉村崇平成ノブシコブシ)、菊池風磨Sexy Zone)、生見愛瑠も登場した。

2004年、蜷川幸雄さん演出の舞台で二宮と共演したことがある勝地は、当時の二宮に、天才のイメージを持っていた事を明かした。これを聞いてふんぞり返ってドヤ顔を決める二宮。勝地は、蜷川さんがダメ出ししている最中も二宮だけ違う方を向いてゲームをやっていた、と振り返り、蜷川さんから名前を呼ばれても「あー、分かったぁ」とゲームを置いて再び稽古に戻っていったという二宮の仰天エピソードを披露した。「その後、完璧にこなした二宮君に天才を感じた」と感心する勝地。またしてもキメ顔ポーズを作る二宮だったが「一回めちゃくちゃキレられていた」とバラされると「しっかり追い掛け回された……」と照れ笑いした。

「勝手にダービー」では『ネメシス』に出演の櫻井翔広瀬すず橋本環奈がくじを引き、一番引きが強い人を検証するバトルを行った。勝地は櫻井を挙げ「出番がないのに見に来てくれて……完全に虜になってます!」と櫻井への愛を表明した。一方「現場でも天真爛漫、そういう人が引きあてるのでは?」と広瀬を挙げた中村。それに対し、橋本を選んだ二宮は「知らないんですか?」と前置きしたうえで、橋本が1000年に1度の逸材と呼ばれていることを挙げ「すでに引いてるんです、この人は!」と力説した。固唾を呑んで見守る中、結果はまさかの全員一致のビリ賞。あまりにも持ってなさすぎるので「奇跡の引き」を信じてリベンジ! するとその結果に全員が凍り付く事態が発生。せめて盛り上げようと声高らかに勝利を告げる吉村の声も空しく、勝者・勝地も苦笑い。現場にいた菊池は「怖すぎて、この時の記憶がない」と真顔で明かした。

インターネット上では二宮に「あの蜷川幸雄さん相手にニノすげぇ!」「勝地君に天才って褒められてドヤる二宮和也が最高w」と言った声や、菊池については「いつもはやる気ないのに翔君とのロケだとやる気がある風磨君w」「憧れの兄貴を迎えてのロケMCでスタッフのしらけ具合に瞬間的に記憶喪失w」「記憶なくすほどの空気感w」と言ったコメントが見られた。

次回は4月18日放送。ゲストに竹内涼真を迎える。

2001年にデビュー。以来、数々のヒット曲を生み出し、歌姫として圧倒的な存在感を放ち続けてきた日本屈指の女性アーティスト。今年デビュー20周年を迎える「中島美嘉」BLOOD SONGは…新曲『SYMPHONIA』と中島みゆき楽曲『命の別名』を披露毎週1組のアー

ページトップへ
Twitter Facebook