世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)が、3月24日に放送。“泣いている赤ちゃんに反町隆史の「POISON」を聴かせると赤ちゃんが泣き病む”という噂を検証し、インターネット上で話題となった。

同番組は、SNSや巷にあふれるウワサの数々に対し、“それって、実際どうなのか?”を番組がカラダを張って、時間を使って調べていくリアルドキュメントバラエティ。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉森川葵大島美幸森三中)がレギュラー出演する。

新人女優の梶原凪が「音楽のちからは実際どうなのか?」と題して検証。赤ちゃんが泣き止む音楽リストは反町隆史「POISON」、NiziU「Make you happy」、BTS「Dynamite」、Foorin「パプリカ」、米津玄師の「パプリカ」の全5曲。検証方法には、1、赤ちゃんが泣き始めたら音楽をかける。2、泣き止まなければ次の曲へ。3、5曲すべてかけ終えたところで次の赤ちゃんの家へ移動。というルールが課せられた。

番組では、生後7か月から1歳4か月までの赤ちゃん5人に検証を実施。結果は「POISON」が最多得点となった。専門家によると、赤ちゃんが泣き止むのは、子守唄のように落ち着く“沈静化”と、変化を与え続けて泣いている理由を忘れさせる“覚醒化”の2通りの方向性があるという。「POISON」にはイントロに覚醒化が、サビの部分に沈静化の効果があるとされ、ぐずり泣きやつまらないから泣いているといった時には非常に効果があると断言した。

ネット上では、「ここへ来てPOISON再ブレイク?? www」「反町隆史のPOISONで赤ちゃんが泣き止むなんて知らなかった!」「やっぱ泣いてる赤ちゃんにPOISON聴かせるのが一番泣き止むんだね」「ポイズン強いなぁ」「POISONすげぇええええ」「POISONちゃんと理由があったんだ! そう言えば、うちでは試したことなかったから明日聞かせてみよう!」などのコメントが寄せられた。

次回は3月31日に放送。「森を見続けたら視力は良くなる?」「脳を使い続けたら体重は減る?」「ゆでたまごは食べたことにならない?」など、気になるウワサをチャンカワイが体当たりで検証する。

ジャニーズWESTの重岡大毅・神山智洋・藤井流星・濱田崇裕が、8月5日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系、毎週木曜20:00~)の企画「THE FIRST FAKE」に登場。SNS上では「驚いた顔面白かった」「リアクションが最高」などの反響が寄せられた。

ページトップへ
Twitter Facebook