“めるる”こと生見愛瑠が、3月5日に放送された『沸騰ワード10春の足音SP』(日本テレビ系、毎週金曜19:56~)に出演。「取り憑かれた芸能人」のコーナーに登場し、ヘアケアに関するこだわりを披露した。

同番組では、一般の人は聞いたことがないが、特定の業界内で話題にのぼっている超ホットなワードを徹底調査。ディレクターが日本・世界を駆け巡り、半年後に絶対ブームになる「流行の源泉」を紹介する業界リサーチバラエティ。MCは、設楽統バナナマン)と岩田絵里奈アナウンサーが担当し、レギュラー出演者の日村勇紀(バナナマン)、カズレーザーメイプル超合金)、滝沢カレン百田夏菜子朝日奈央出川哲朗が出演した。

今、中高生に大人気のティーンモデル・めるるへの密着は、本人が初主演を務める青春ドラマ『おしゃれの答えがわからない』(日本テレビ※関東ローカル、毎週日曜26:11~)の撮影現場からスタート。番組スタッフから「取り憑かれているもの」を聞かれためるるは、「よく行く場所みたいなのはあるんですけど」と、週2回で通っている男子禁制の場所があることを明かした。

実は、めるるが取り憑かれているのは「ヘアケア」。ドラマの撮影後、番組スタッフを独自のヘアケアメニューを受けられるモデル御用達の美容室に案内し、「今の私を覚えておいてください。めちゃめちゃ生まれ変わるので」と宣言した。

14歳からこの店に通っているというめるるは、さっそく“髪のプチ整形”とも言われるヘアケアを受けることに。トリートメントだけでも1時間半かかるという施術を受けた彼女の髪は、サラサラふわふわの仕上がりに。「最強ですよね、これ」と、ご満悦のめるるだったが、ヘアケアにかかった料金はなんと1万8700円。「ヘアケアは命なので、お母さんからいただいたお小遣いを注ぎ込んでいます」と打ち明け、スタジオの出演者を驚かせていた。

なぜそこまでヘアケアにこだわるのかと聞かれためるるは、「子供の頃からのずっと夢なんですけど、リカちゃん人形になりたいんです」と告白。小さい頃から遊んでいたリカちゃん人形のキレイな髪に憧れて、いつしか自分も同じような髪になりたいと思うようになったのだという。

番組は、そんなめるるの夢を叶えるために、リカちゃん人形を販売しているタカラトミー全面協力のもと、等身大のリカちゃんボックスや実際に着られるリカちゃんの衣装を用意。憧れのリカちゃんに変身することができ、「やったぁ、夢が叶いました」と喜んでいた。

そんなめるるの“ヘアケア愛”と“リカちゃん愛”が炸裂した今回。インターネット上では「めるるのヘアケア凄いな~ あんな風になりたい」「やっぱり髪きれいな人は努力してるんだなーと思った」「リカちゃんめるるも本物さながらの可愛さだったなぁ」などのコメントが寄せられた。

次回3月12日は「取り憑かれた芸能人2連発」が放送される。

ページトップへ
Twitter Facebook