マツコ・デラックス村上信五関ジャニ∞)がMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系、毎週月曜23:59~)が、2月22日に放送。「全国のご当地問題を調査してみた件」で、オムライスしか注文できない洋食店が登場し、インターネット上では様々な意見が噴出した。

世間で話題となっている様々な件に対して、ちょっとだけ首をツッコんだり、ツッコまなかったりするバラエティ番組。今回は「自由に頼めない洋食店問題」と題し、新潟県新潟市にある老舗洋食店を調査した。噂によると、この店ではオムライスしか頼めないそうで、番組スタッフは正体を隠して店に潜入。実際にオムライスしか注文できないのか試してみることに。

メニューを見てみると、オムライス以外にハンバーグやビーフシチューなどもあり、2人のスタッフはさっそくタンシチューとカレーライスを注文。しかし、店主は「かなり時間かかりますよ。25分くらい。1品25分なので、2つだと50分」と、調理時間がかかること主張する。そして、「オムライスだったらすぐ出せる。1分から3分くらい」と誘導。そのあまりの時間差に、VTRを見ていたマツコも爆笑してしまう。

店主は「もう1回メニュー見て、考え直して」と促し、「オムライスだったらすぐ出せます」と再度強調。それでも、スタッフがめげずに「ビーフシチュー2つで」と、オムライスではないメニューをリクエストしても、店主は「煮込まなきゃダメ。ちょっと今日はあまりいい肉ではないので、正直すすめられません。おすすめはオムライスです」と頑なにオムライスを推してくる。

最後は「これだけしゃべってる時間もったいないので、オムライスでいいですよね?」と強引にメニューを決定。決してダメとは言わないが、オムライス以外を選ばせない店主に、スタッフは番組であることを明かし、話を聞いてみることに。なぜオムライス以外のメニューを渋るのか聞いてみると「だいたい(他のメニューを)頼んだ人って、次来ないんですよ。プラス面倒くさいのがあるんで。あまり手間かけたくない」と告白。これにはマツコも「オムライス専門店にすりゃいいのに」とツッコんでいた。

しかし、スタッフに同じことを聞かれた店主は専門店化を否定。「うち洋食店なんで、今の時代はオムライスかもしれないけど、他のものも出しておかないと」と、独自のこだわりを語っていた。

ネット上では、そんなオムライスしか頼めない洋食店に反響が。「もうオムライス専門店でええやん!」「意地でもオムライス以外を頼む人出てくるんでない?」「懐かしい。俺もオムライス頼んだ。だって一択しかないんだもん(笑)」などのコメントが寄せられた。

次回は3月1日に放送される。

「ももクロちゃんと、〇〇〇!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。 4月16日(金)の同番組は、「ラジオ」をテーマに放送

ページトップへ
Twitter Facebook