竹内涼真が出演を務める、日本テレビ×Huluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に Season1』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)。このほど、“世界の終わり”ほどの恥ずかしい罰ゲームを賭けた「ゾンビ危機一髪ゲーム対決」のPart2が、Hulu公式YouTubeチャンネルで公開された。

死と隣り合わせの“終末世界”を舞台に、竹内演じる主人公・響が、中条あやみ演じる恋人・来美と再会するため、極限のサバイバルに身を投じていく。地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる本格ゾンビ作品だ。

第4話では、響と行動を共にする、等々力(笠松将)、佳奈恵(飯豊まりえ)、ミンジュン(キム・ジェヒョン)ら生き残りグループと、突如現れた謎の刀集団との直接対決が描かれた。極限状態での人間同士の戦いには、予想もしなかった衝撃の結末が待っていて――!? また、来美が所属するもうひとつの生き残りグループ「駐屯地グループ」では、研究者・首藤(滝藤賢一)がついに本性を現わす。生き残りを賭けた決死のサバイバルと、新たな謎が生まれる驚きの展開から目が離せない。

そして、放送にあわせ、Hulu公式YouTubeチャンネルでは、キャストやドラマの魅力に迫る『きみセカ』スペシャルコンテンツが配信中。今回新たに公開されたのは、“世界の終わり”ほどの恥ずかしい罰ゲームを賭けた「ゾンビ危機一髪ゲーム対決」のPart2で、竹内、中条、笠松、飯豊、キム・ジェヒョン、滝藤が集結し、「黒ひげ」改め「“ゾンビ”危機一髪」ゲームに挑戦している。

前回は、スタートすぐに滝藤が当たり(!?)を引き当て、迫真のゾンビ演技を披露するという衝撃の結末に。今回はゲームをしながら「撮影で苦労したこと」をテーマに、赤裸々トークを展開。「ゾンビ危機一髪ゲーム対決」で追い詰められていくキャストから飛び出す撮影の裏話に、一同大爆笑、必見の映像となっている。またMCを務める中条の天然な一面も明らかに……?

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」で配信されている番組を、編集部が厳選しておすすめする「編集部が選ぶ!今週のおすすめコンテンツ」。今週は、フジテレビで放送中の令和版と、1991年に放送された平成版の『東京ラブストーリー』を紹介していく。

ページトップへ
Twitter Facebook