ユウト(赤楚衛二)、碧(菅野美穂)

菅野美穂が主演を務める水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第4話が、2月3日に放送。インターネット上では、ゲスト出演した赤楚衛二のチャラついた役どころに「似合う」「声がいい」との反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

シングルマザーの恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧(菅野)と、しっかり者のオタク娘で“恋人いない歴=年齢”の空(浜辺美波)。とある理由から2人は突如決意する……「私たち、恋をしよう!」。娘にとっては人生初の、母にとっては久々の、“恋”! トモダチ母娘の、エキサイティング・ラブストーリー。

碧の著書「私を忘れないでくれ」の映画化が決定し、主演を人気ロックバンド・サイレントナイフのユウト(赤楚)が務めることになった。出版社での顔合わせに、朝ドラの撮影で遅刻してやって来たユウトは、すぐにサングラスを外して碧のもとへ。「写真で見るより、若くてお綺麗だ」と両手で握手。さらに「本当に美しい」と体を寄せてきた。

どうやら彼にはお願いがあるらしい。それは、脚本の変更。碧が書く原作は、ラストに相手役の女性が死ぬが、それを自分の役に変えてほしいと言うのだ。その理由として、ユウトは「だって、死ぬ方がおいしいじゃん。女の子は『ユウト死んじゃう〜』とか言うわけでしょ?」と横柄な態度をとる。

原作を変更するとことは、プロデューサーや脚本家は了承済みで、あとは碧のGOサインのみ。原作者の碧が了承してないことにクレームを出すと「了承とかそんな難しい言葉嫌だな。僕と先生の間でそんな言葉を使わないでほしい」と甘くささやく。

彼は、強引に話を進めて次の仕事へ。最後に「完成披露。先生と並んで立てるの楽しみだな」といってその場をあとにした。編集長・小西(有田哲平)は、ユウトたちの提案を飲まなければ、次の書き下ろし作品を出さないと暗に交換条件を出してきた。

ユウトに考えを改めてもらうべく、担当の橘漱石(川上洋平)が、直談判をしにいくことに。そこで、会社の社長とユウトが揉めているところを目撃してしまう。サイレントナイフのCD売り上げが落ちてきているため、会社が有名プロデューサーを呼んで、新曲を勝手にアレンジしたのだ。

漱石は、一人になったユウトに「あなたの曲にも命があるように、物語にも命があります」と訴える。ユウトは彼の言葉に「分かっていたよ。こんなのありえねぇって」とポツリ。バンドで売れる前から碧のファンだと告白しつつ「ごめんなさい。先生に謝っておいてください」と頭を下げた。

ネット上では、赤楚演じるユウトに「やっぱり赤楚くんの声いいなあ、、好きだなあ」「わがままユウトが可愛くて可愛くて、まっったく憎めませんっ!」「こういうチャラついた感じの役合ってるし好きだな」と多くの反応が。また、エンディングでNGシーンや未公開カットが放送されるため「エンディングの赤楚くんがかわいいし、かっこいいーー!!」とのコメントもあった。

次回第5話は、2月10日に放送。空が、整体師・渉周一(東啓介)との仕切り直しデートに向かう。

川口春奈演じる真柴くるみと、横浜流星演じる藤野駿がシェアハウスで暮らすというドキドキの展開に“うちキュン”する一方で、回を追うごとに人として輝いていく真柴の姿にも心ときめく『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00~)。今回は、Instagramのフォロワー数19万人を誇るインフルエンサーでアパレル業界に携わる金山大成さんにお話を伺いつつ、真柴と『着飾る恋』の魅力を紐解いていきたい。

ページトップへ
Twitter Facebook