亀梨和也KAT-TUN)が主演を務める『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第2話が、1月30日に放送。カリスマラッパーが続々登場する本作だが、第1話にゲスト出演した輪入道に続き、今回は、ラッパー・俳優として活躍する般若が出演する。

今作は、愛する人の命を奪われた元刑事×天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、国内に500万台あるといわれる監視カメラを駆使した科学捜査によって凶悪な連続殺人鬼に迫る、スリリングなサイバークライムサスペンス。

前回の放送で、伏見は愛する人・美保(小野ゆり子)の死から失意のどん底に陥り警察を辞めていたが、元上司・島原由梨(松下奈緒)の誘いで、KSBC(神奈川県警捜査分析センター)で特別捜査官として働くこととなった。そんな中、誘拐事件が発生。仲間の協力もあり犯人の元にたどり着いた伏見だが、犯人の腕に美保を殺した容疑者と同じ傷を発見。怒りに震えた伏見はマウントをとり「お前が美保をやったのか?」と公私混同し……。そんな亀梨の演技についてSNS上では、「表現がものすごく好きだわ……伏見の悲しみ、狂気がものすごかった」「悲しみと怒りの演技がすごい!  引き込まれる」との反響があった。

そして第2話では、KSBCに直接コンタクトを取り、警察を挑発する凶悪犯・漆川卓也役で般若が出演。野球好きで武器のバットを種田仁選手の「ガニマタ打法」で構えるなど、ユニークでアッパー系の犯人を狂気たっぷりに演じている。

役どころについて「ほとんどの犯人には暗い過去があるんですが、僕が演じた漆川卓也はクズの中のクズ。野球好きということで、種田選手のフォームを練習しました。種田選手のフォームとこんなにも真剣に向き合うとは思いませんでした」とコメント。

さらに、伏見と廃ビルを舞台にしたハードな格闘シーンも披露。練習を重ねた見事なフォームでバットを振り回し、伏見を追い詰める場面も!?「亀梨君カッケー!」と感想を寄せた亀梨とは初共演。印象に残っているシーンを聞かれると「亀梨君の首を絞めるっていうシーンは、亀梨君のファンに怒られそうでやりたくなかったです……」と苦笑いしつつ、「『レッドアイズ』めちゃめちゃ面白い作品だと思います! 放送が楽しみです」と手ごたえをにじませた。

漆川卓也(般若)
漆川卓也(般若)

<第2話あらすじ>
伏見(亀梨)たちが、KSBCでの業務を本格的に開始する中、KSBCに「人を殺した」という電話が入った。遺体を捨てる様子を監視カメラに敢えて映し、捜査員を挑発する犯人。現場に向かった伏見と湊川(シシド・カフカ)は、遺棄された男女のうち、男性の生存を確認。そして、殺された女性の胸ポケットから、犯人のメッセージが書かれた手帳を発見する。

手帳に書かれた暗号を、小牧(松村北斗)はアッサリ解読。すると犯人は、暗号の内容を新聞社のサイトで16時に発表するよう指示してきた。山崎(木村祐一)は、犯人が“ゾディアック事件”を模倣していることを看破。島原(松下)は、模倣犯の出現を防ぐため、16時までに犯人を確保するよう指示する。

長篠(趣里)たちが地道な捜査を続ける中、犯人に刺された男性・蠣崎(忍成修吾)が意識を取り戻した。殺された女性と蠣崎が結婚目前だったと聞かされ、自分の過去を思い出す伏見。

一方、KSBCには犯人の漆川(般若)から新たに連絡が入り、男が1人監禁されていることが判明し……。

1月28日(金)夜8時からは、金曜8時のドラマ「駐在刑事Season3」第3話を放送!かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事、今は奥多摩の人々に"駐在さん"として親しまれている江波敦史を寺島進が演じ、奥多摩の魅力的な美しいロケーションを背景に、『人情とユーモア溢れるエピソード』『謎が謎を呼ぶ殺人事件』を組み合わせた物語が展開される!今シーズンは、新キャラクターとして捜査一課への転籍を強く希望する警視庁捜査二課の和泉玲香が登場。男社会である警察組織の中で女性としてのプライドと仕事への意欲を持って突き進む

ページトップへ
Twitter Facebook