直樹(前田公輝)から告白された仙夏(岡田結実)は…

岡田結実が主演を務める木曜ドラマF『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)が、1月14日に放送。インターネット上では、鳥居直樹(前田公輝)のある行動に視聴者が胸キュンする一幕があった(以下、ネタバレが含まれます)。

江戸時代からタイムスリップしてきた花魁・仙夏(せんか/岡田)が、令和の東京を舞台に繰り広げるハートフルなラブコメディ。登場人物が全員ちょっぴり不器用で、見ている人をじれったくさせるような淡い恋物語を繰り広げる。

仙夏は、配達先のパワハラ社長・直樹が、江戸時代にいた憧れの人“直次郎”に違いないと抱きつく。しかし「警備員呼んで!」と冷たくあしらわれてしまった。

俊輔(葉山奨之)、仙夏(岡田結実)
俊輔(葉山奨之)、仙夏(岡田結実)

蔵地寿乃(山口まゆ)は、仙夏が江戸時代から来てしまったのだから、直次郎が現代にいてもおかしくないとサポート。一方、蔵地俊輔(葉山奨之)は現実を突き付ける。しかし、仙夏はめげず「名前に“直”が入っているじゃないか!」と前向きにとらえた。

社長=大名まで上りつめた彼と近づくために、募集している社長秘書に応募。採用面接を受けることに。俊輔は「どうせ受からない」と思っていたが、なぜか合格。晴れて、社長秘書として働くことになった。コピーも分からない彼女に部下・秋山(雨野宮将明)はいら立ちを隠せない。しかし、直樹は「彼女は俺のそばにいてくれるだけでいいんだ」と返す。

仙夏(岡田結実)は直樹(前田公輝)の社長秘書に採用される
仙夏(岡田結実)は直樹(前田公輝)の社長秘書に採用される

そんな中、仙夏は、カフェで見知らぬ女性・綾子(堀田茜)と直樹が何やら会話を楽しんでいる様子を目撃。ショックを受けるどころか「燃えてきたね。恋敵がいてこそ恋は燃え上がる」と意気込む。

秘書として仕事中、自分が点てたお茶を来社したクライアントに出したところ、気に入られた仙夏。直樹からも「君の力が必要だ」と言われる。クライアントとの食事でキャバクラに行った一行だったが、そこでは、綾子が働いていた。

仙夏(岡田結実)、綾子(堀田茜)
仙夏(岡田結実)、綾子(堀田茜)

仙夏が“ある意味で”活躍したこともあって、クライアントとの独占契約に成功。直樹に恋をしていた綾子は、そこで自分が情報を聞き出すためだけに利用されたことに気づく。綾子は「絶対に許さない」と包丁を持って会社にやって来て……。

綾子(堀田茜)
綾子(堀田茜)

事件解決後、カフェで再び働くことになった仙夏の前に直樹が現れる。彼は突然彼女を抱き寄せ「俺と付き合え。お前みたいな女は初めてだ」と告白してきた。

今回も鳥居社長に扮する前田の演技に注目が。「鳥居社長の見どころがたくさんありすぎて幸せすぎて疲労度MAXです」「鳥居社長爆盛りご褒美回だけど、同時に仙夏のことめちゃくちゃ好きになる回だったなー」「前田公輝全部盛りみたいな欲張りセットありがとうね……」の声が。また、最後の告白には「興奮しすぎてふくらはぎつった!」「やばい……語彙力粉砕骨折した」との興奮のコメントで溢れかえっていた。

次回第3話は1月21日に放送。直樹と2週間のお試しで付き合うことになった仙夏は、連絡用に渡されたスマホを使ってあることをする。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、この夏に配信予定の新ドラマ情報を続々と公開中。6月14日現在、新ドラマ『REAL⇔FAKE 2nd Stage』『ナイト・ドクター』『彼女のウラ世界』『ボイスII 110緊急指令室』の予告動画が配信されているが、情報は順次追加予定となっている(※放送日時や配信予定は変更となる場合があります)。

ページトップへ
Twitter Facebook