波瑠が主演を務める水曜ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が11月18日に放送。インターネット上では、恋の急展開に固唾をのんで見守る視聴者が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

『きょうは会社休みます。』『世界一難しい恋』を手掛けたチームが贈る、恋愛弱者のラブコメ第3弾となる本作。面倒な恋愛より一人がいいと、悠々自適の人生を送っていた鐘木パルプコーポレーション“通称カネパル”の産業医・大桜美々(波瑠)が、こんな時代に「このままでは一生一人かも」と孤独と焦燥を感じ、そこから恋のぬくもりを不器用に追い求める姿を描く。

とうとう草モチの正体が自分であることを“檸檬”青林風一(松下洸平)にやんわりと告げた美々。八木原大輝(HiHi Jets高橋優斗)に報告すると「すごいじゃないですか。やればできるじゃないですか!」と喜ぶ。返信は来ていないものの、美々は、気まずそうな雰囲気を醸し出す青林に“もぉ~! 照れちゃって!”と心の中でつぶやく。周囲はそんな彼女を応援。八木原や栞(福地桃子)らとは、話が発展し、壁ドン談議に花を咲かせる。

耐えられなくなった美々は、青林に直接「私が草モチです」と自信満々に告げるが、彼は「あ~~!」と叫んでその場から逃げてしまった。退勤後、五文字順太郎(間宮祥太朗)のフォローもあって、2人っきりで喋ることに。青林は逃走したことを謝罪しつつ、檸檬=青林と知ったとき、どう思ったのか問う。「“えー檸檬が青林ぃ~?”(って思った)」と言うと、青林は美々のマスクを取り、どんな表情で言ったのかもう一度質問を投げかける。美々は顔をしかめてもう一度「青林ぃ~?」と再現した。

美々は、檸檬のことが「今日も好きだ。“好きだった”なって。会ったこともないのに」と自分の気持ちを吐露。青林は「僕も草モチさんのことが好きなんです。でも、それは美々先生じゃない」「美々先生のことはよくわかりません」と吐露。彼の気持ちを聞いた美々は「私も、檸檬さんのことは好きですが、青林さんのことはよくわかりません」と声色が変わるほど強がった。

そんな中、五文字から、青林が時には涙し、時には静かに話を聞いてくれる“受け取り男子”だということを教えてもらう。美々はあることで自分のために残業してくれた青林を待ち「お腹すいていませんか?」と食事に誘った。帰り道。美々は、彼が過去「命より大事なものがある」と言っていたことを思い出し「あなたの命より大事なものになりたい」と告白する。どこまでも受け身でぐちぐちと悩む青林に「どうなの? はっきり言ってよ!」と両手壁ドンをする美々。すると、今度は青林が壁ドンを返し「好きに決まっているじゃないですか」と語りかけた。

青林(松下洸平)、美々(波瑠)
青林(松下洸平)、美々(波瑠)

ネット上ではラストシーンに多くの反応が。「世界一かわいい告白じゃん!!!!!」「壁ドンからの壁ドンカウンター」「青林さん普段は受け身なのに 急にド攻めになるときあるから心臓に悪い」「ヘタレな青林が急にオス感出してくるのは反則だよー」「青林よぉ、いきなりこんな壁ドンは反則だろぉ、、、、、、」といった声があった。

次回第7話は12月2日に放送。ようやく結ばれた2人だが、八木原が青林に「美々先生は、イチャコラするのが嫌いなんです!」と伝えてしまう。

川口春奈演じる真柴くるみと、横浜流星演じる藤野駿がシェアハウスで暮らすというドキドキの展開に“うちキュン”する一方で、回を追うごとに人として輝いていく真柴の姿にも心ときめく『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00~)。今回は、Instagramのフォロワー数19万人を誇るインフルエンサーでアパレル業界に携わる金山大成さんにお話を伺いつつ、真柴と『着飾る恋』の魅力を紐解いていきたい。

ページトップへ
Twitter Facebook