『極主夫道』が学園ものに!?

玉木宏が主演を務める『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)のオリジナルストーリー「3年辰組 極主夫先生」(全6話)が、Huluで独占配信中。龍(玉木)が教師に転身して教壇に立ち、家事テク情報も満載の家庭科授業を展開する。

最凶の極道から最強の専業主夫へ――。本作は、華麗なる異色の転身を遂げた主夫力高すぎる元極道の龍が、愛する町と家族を守るため、筋を通して世の中と仁義を斬りまくっていくドタバタ痛快劇。そして、第5話終了後からHuluで配信が開始されたオリジナルストーリーは、おおのこうすけ著の原作コミックに収録された“おまけ漫画”から派生したもの。

「3年辰組 極主夫先生」には玉木をはじめ、地上波本編のレギュラー陣もこぞって加勢。川口春奈(龍の妻・美久役)は、3年辰組の副担任として、さらに、志尊淳(龍の元舎弟・雅役)、古川雄大(警官・酒井タツキ役)、玉城ティナ(雅といい感じの喫茶店店員・大前ゆかり役)、白鳥玉季(龍と美久の娘・向日葵役)は、3年辰組の生徒として登場し、学園ドラマという新たなシマにカチコミをかける。

そんな「3年辰組 極主夫先生」は、産休中の家庭科教師の代理として、新担任・龍が赴任するところからスタート。第1話(配信中)では、龍がいきなり生徒たちに“汚れ仕事”を強要!? 無地のエプロンに絵を描かせながら、その技術と主夫(婦)の極意を伝授しようとするのだが、イキッている雅は「バカバカしくて、やってらんねーよ!」と真っ向から反抗し……!?

【Huluオリジナルストーリー「3年辰組 極主夫先生」】
11月8日配信スタート/毎週日曜、地上波の放送終了後から独占配信(全6話)

福原遥が主演を務めるドラマ『ゆるキャン△2』(テレビ東京系)。5月6日放送の第6話では、キャンパーとして知られる西村瑞樹(バイきんぐ)がキャンプ場の管理人役で出演。SNS上では「ガチのキャンプ勢が参戦してる」と驚きの声が上がった。

ページトップへ
Twitter Facebook