波瑠が主演を務める水曜ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第4話が、11月4日に放送。“恋人とセフレは別”という独特な恋愛の価値観をもった我孫子沙織(川栄李奈)をヒロインにした「恋愛進化論」第1話が、11月4日の本編地上波放送後にHuluで独占配信される。そして、このほど、黒羽麻璃央が出演することがわかった。

『きょうは会社休みます。』『世界一難しい恋』を手掛けたチームが贈る、恋愛弱者のラブコメ第3弾となる本作。脚本を務めるのは、『ホタルノヒカリ』『連続テレビ小説 スカーレット』などを手掛けた水橋文美江。面倒な恋愛より一人がいいと、悠々自適の人生を送っていた産業医・大桜美々(波瑠)が、こんな時代に「このままでは一生一人かも」と孤独と焦燥を感じ、そこから恋のぬくもりを不器用に追い求める姿を描く。

第1話のタイトルは「バレッタ!心のストッパー」。沙織が大学時代に出会ったホスト・シュウトを黒羽が演じる。沙織のユニークな恋愛観に、シュウトはどんな影響を与えたのか?

「恋愛進化論」では、沙織の「恋人とセフレは別」という恋愛観に至るまでの5年間に起きた3つの恋愛エピソードとそれぞれのキーアイテムを紹介。幸せと愛を求めるがゆえに、わかりにくくて重めな女になってゆくヒロインの内面、ヒロインがユニークな恋愛観に行き着くまでの驚きに満ちた道のりを愉快に、しかしディープに描く。また、川栄・黒羽のほか、警察官役で勝村政信が出演。天の声を、本多力が務める。

我孫子沙織(川栄李奈)、シュウト(黒羽麻璃央)
我孫子沙織(川栄李奈)、シュウト(黒羽麻璃央)

<黒羽麻璃央 コメント>
スピンオフといっても『#リモラブ』本編に引けをとらない、素晴らしい内容になっています。その作品に参加させて頂き、とても嬉しいです! 久々にネックレスや指輪を付け、身なりは少しチャラついたホスト・シュウトを演じさせて頂きました。シュウトという役は、少し抜けているけど、芯のある二十歳の男の役です。川栄さんとの二人芝居の会話劇を注目して頂きたいです!

<第1話「バレッタ!心のストッパー」あらすじ>
我孫子沙織(川栄)はものを失くしがちな女である。その日も髪留めというかバレッタを失くした沙織は警察の遺失物係を訪れていた。「何か思い入れがあるんですか? バレッタ」と警察官(勝村)に問われた沙織は過去のある不思議な出来事を思い出す。

大学の先輩数人と飲み会をした夜、帰り際に沙織は一人の先輩に呼び止められた。彼は数日前沙織が告白した相手。あっさりフラれた沙織は、一人で寂しく歩くうちに酔いが回り座り込んでしまう。意識が遠のく中、誰かに背負われたような感覚。そしておでんのにおい。気がつくと沙織はラブホにおり、目の前ではホストのシュウト(黒羽)がコンビニのおでんを食べていた。

果たしてこの恋愛(?)エピソードは、現在の沙織の「恋人は恋人。セフレはセフレ。別でしょ」というユニークな恋愛観に影響を与えているのか! いないのか?

テレビ東京では、"幸せを運ぶ珈琲物語"を描いたコナリミサト著の名作漫画を、中村倫也主演、夏帆、磯村勇斗共演で実写化!ドラマ「珈琲いかがでしょう」は、初回放送(第1話)の「ネットもテレ東」「TVer」などでの見逃し配信の再生数が196万回を突破し、テレビ東京の番組の1週間の再生数として過去最高を記録するなど、盛り上がりをみせています!そんな本作もいよいよ最終回間近!本日5月17日の放送では「ぼっちゃん珈琲」という物語をお届けします。移動珈琲店店主・青山(中村倫也)は、かつて「ぼくのとらモン」と青山

ページトップへ
Twitter Facebook