玉木宏が主演を務める日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第3話が10月25日に放送。インターネット上では、ある設定が乗った桃太郎にツッコミの声が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

累計200万部を突破した同名コミック(著:おおのこうすけ/新潮社「くらげバンチ」連載中)をドラマ化した本ドラマは、裏社会に数々の伝説を残した玉木演じる最凶の極道“不死身の龍”が極道から足を洗い、専業主夫の道を選択して巻き起こす日常の一幕をコミカルに描く。

娘の向日葵(白鳥玉季)の同級生の父親で医師の千金楽(鈴木浩介)がテレビに出演。PTA会長の顔を持つ彼の“理想の父親”ぶりに感銘を受けた龍は、PTAに入ろうと画策。会議中に突撃し、強引に「この一門に加えてくれませんか?」「必要とあれば鉄砲玉でも」などと言い、ハロウィーンのお楽しみ会のお手伝いをすることになった。

お楽しみ会である出し物を披露するため、100円ショップや家にあるものなどで必要なものを製作する中、小学生の交通整理をしていると、向日葵とある友だちの関係がぎくしゃくしていることに気づく。

子供たちがドン引きの「桃太郎」
子供たちがドン引きの「桃太郎」

ハロウィーン当日。龍は、火竜町婦人会の会長・田中和子(MEGUMI)や雅(志尊淳)の力を借りて劇「桃太郎」をサプライズ披露した。しかし出てくる台詞が物騒で、おじいさんが「わしのシノギは山でしばかりじゃ」と言ったり、ナレーションで「オヤジ(おじいさん)はドス(包丁)でヤバいブツ(桃)を一刀両断」と語ったりと“極道風”に。桃太郎役の龍に至っては、サングラスをしたまま「おぎゃー!」と生まれ「やっぱりシャバはええのう」とこぼし、子供たちをドン引きさせる。

ここで、お楽しみ会が開催されている小学校に、指名手配中の連続強盗犯が侵入。雅が着るはずだった衣装を身にまとい客席にまぎれる。しかし、龍はそれを雅の演出だと勘違い。龍が「腹くくってかかってこんかい!」と構えると、犯人は銃を突きつけた。龍は「ええアドリブや!」と言いつつ「お前(鬼)にはお前の辛い事情があったんやろ。人を傷つけたくなかった。相手の立場になれば分かり合えることもある」と仲直りの印としてきびだんごを渡す。龍は子供たちに向かって「皆さんも誰かとすれ違ったことはありますか? そんな時は素直に謝ってきびだんごで仲直りしましょうや」と語りかけた。龍の粋な演出に、向日葵は友だちに謝ることを決意する。そして鬼が連続強盗犯だと分かり……。

ネット上では“龍流”の桃太郎について「龍の構え方に見覚えがと思ったら雷の呼吸だった! 龍の場合はヤクザの呼吸やけど笑」「R指定だよこんな桃太郎!w」「日本一物騒な桃太郎出たww」の声があった。

次回は11月1日に放送。美久(川口春奈)の両親(YOU正名僕蔵)がやって来る。

さらに、第3話放送終了後から、「極主夫ハッピーハロウィン」プレゼント企画がスタート。Twitter&Instagram番組公式アカウントで、ハロウィーン特製おたのしみグッズセットが合計10名様に当たるキャンペーンが実施中で、応募期間は、10月31日(土)23時59分までとなっている。

19歳のときに劇団「シェイクスピア・シアター」の創設メンバーとして参加し、唐十郎さん主宰の「状況劇場」を経て、1986年に映画『夢みるように眠りたい』(林海象監督)で映画主演デビューを飾った佐野史郎さん。 映画『

ページトップへ
Twitter Facebook