お笑いコンビのタカアンドトシが、9月22日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59~)に出演。今回は「タカトシの芸風を大改造SP」と題し、トシが、フワちゃん考案の新キャラクターに扮する一幕があった。

毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。MCはヒロミ後藤輝基フットボールアワー)が務め、フワちゃんとチョコレートプラネット長田庄平松尾駿)が、トシの新たなキャラクターを提案した。

チョコプラの2人はスタジオに3組の芸人(東京ホテイソンボーイフレンド魔族)を呼び込み、「欧米か!」に代わるトシの新たなツッコミフレーズを提案することに。東京ホテイソン(たけるショーゴ)は伝統芸能「備中神楽」をベースにしたツッコミを披露し、50種類以上のツッコミパターンを持つボーイフレンド(黒沼誠宮川英二)は「ゴルフ」「柔道」などのオリジナルツッコミをタカトシに「進呈」。魔族(マゾちゃんサドヤマエス)はSMマスクとムチを使った「ムチツッコミ」を披露した。

このうち、魔族の2人が使っていたSMマスクとムチを、タカは「1人でできるんじゃない?」と、トシに両方着けさせると「1人魔族」が誕生。トシが「欧米か!」とツッコみながらムチで自分をたたくと、その予想外の衝撃にひとり悶絶する。「自分で自分をツッコむって新しいかもしれないね」というヒロミに、トシは「新し過ぎますって!」とツッコんだ。

さらに番組には「新ガヤ芸人」としてピン芸人・キャツミと、東京理科大大学院卒の高学歴芸人・ゴスケが登場。2人が繰り出すエキセントリックすぎるリズムネタにトシが挑戦した。

番組後半では、トシがフワちゃん考案の新キャラクターを実演。ホットパンツにスポーツブラ、チュッパチャプスを角のように挿したカツラをかぶりキス顔マスクという出で立ちで現れたトシに後藤は「新しいのが始まったというより、今までのトシさんが終わりました」と、あきれ顔でツッコんだ。

フワちゃん考案の新キャラの斬新さ、そしてマスクによってひと言も発しない不気味なトシの姿にインターネット上では「トシさんの面影がゼロになった」「壊れかけはじめてるトシさん笑笑」といった声が。新ガヤ芸人として登場したゴスケにも「死ぬほど笑った」「とりあえずゴスケをチャンネル登録(した)」といった反響が寄せられていた。

次回9月29日は、ゲストに玉木宏川口春奈を迎え、「松尾J.Y.Park」のほか、フワちゃんの「いたずらオーディション」の新企画がスタートする。

新感覚アート番組『アルスくんとテクネちゃん』、第3回の放送に登場したのは、ビビッドな色彩のインスタレーション作品を通じて、観る者を異空へと誘うアーティスト、玉山拓郎さん。 真っ赤な光に包まれた人型のオブジェや、天井から吊

ページトップへ
Twitter Facebook