ムロツヨシ永野芽郁が親子役で出演する日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第4話が8月23日に放送。インターネット上では、福田組には欠かせないあのシーンが登場して話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

福田雄一が脚本統括・演出を手掛ける本作は、ムロが演じる日本一の親バカ・小比賀太郎(通称:ガタロー)と、永野が演じるガタローの娘・さくらが繰り広げる“日本一バカでかわいい父娘の物語”。

大騒ぎとなった学園祭から半年が経ち、2年生に進級したガタローたち。ミスコンでの告白動画で人気となった根来恭介(戸塚純貴)は、YouTuberとして成功を収めていた。一方、畠山雅治(中川大志)には後輩の彼女ができたという。それを知ったさくらは白目をむくほどショックをうける。

そして、同じくさくら達の同級生の衛藤美咲(小野花梨)はアルバイト先で次々と人が辞め、人手が足りず困っていた。彼女を助けたいさくらだったが、ガタローはアルバイトに大反対。そんな中、ガタローが受け持つ小説の連載の打ち切りが決定した連絡が入る。彼が大学生になったと知らない担当からは、締め切りを守らないほか「去年から片手間でやっていますよね?」「作品に魂が入っていないというか……」と注意されてしまう。

収入先を失ったガタローは、さくらと共に、美咲のアルバイト先のカフェで働くことに。テキパキと仕事をこなす美咲に、同じくホール担当のガタローは度肝を抜かれる。ある日、ガタローが1人でホールにいると、客のいかつい男2人組が、高圧的な態度でガタローに接してきた。

聞けば、美咲の元カレだという。じつは彼女は元ヤン。地元・福岡から東京の大学に進学するため勉強を頑張り、きっぱり別れてきたというが、昨夜は家まで押しかけてきたという。

後日、美咲がカフェで働いているタイミングで、男がやって来てしまう。ガタローやさくらは心配するが、美咲は毅然とした態度で接する。「ツラ貸せ」という男に対し、アルバイト中だと断る美咲。業を煮やした男は、財布から万札を手に取り、店中にばら撒いた後、美咲の時間を買うと宣言した。「欲しけりゃ拾え!」と詰めると、美咲はゆっくりとお金を集め始める。男は大喜びするが、ガタローは「何もわかっていない」とバッサリ。美咲は、奨学金で大学に入り、生活費を自身でまかなっているからこそ、お金のありがたみがわかっているのだと告げる。男が怒りを露わにし、ガタローに詰め寄る中、美咲の蹴りが炸裂する。

ネット上では、永野の白目について多くの反応があり「永野芽郁の白目最高!」「あの白目ラインスタンプにほしい」「(手がける作品で白目シーンが多いため)やっぱり! 福田さん! 芽郁ちゃんに白目やらせた!!!」といった声があった。

2021年1月7日にスタートする大倉忠義が主演、広瀬アリスがヒロインを務め、恐妻家に怯える主人公がタイムスリップという奇跡がきっかけで妻を入れ替えたことにより“本当に大切なことは何なのか”を模索するファンタジーラブストーリー『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大SP)に、末澤誠也(Aぇ!group/関西ジャニーズJr.)、佐野ひなこ、安藤ニコの出演が決定。さらに、末澤が主演を務めるスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』がFODで独占配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook