美咲(小野花梨)

ムロツヨシ永野芽郁が親子役で出演する日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第4話が、8月23日に放送される。

本作は、『今日から俺は!!』などでおなじみの笑いのヒットメーカー・福田雄一が手掛けるオリジナルドラマ。GP帯連続ドラマでは今回が初主演となるムロ演じる父・小比賀太郎(ガタロー)は、娘のさくら(永野)が大好きすぎるあまり、娘と同じ大学の同級生になってしまう日本一の「親バカ」で、父と娘のとっても微笑ましい「家族の愛」が描かれた作品だ。ムロ、永野のほか、さくらの恋人候補に中川大志、さくらの親友役に今田美桜、同級生には戸塚純貴小野花梨が出演。ガタローの亡き妻で、さくらの母親・幸子を新垣結衣が演じる。

<第4話あらすじ>
波乱の文化祭から半年、ガタロー(ムロ)たちは無事2年に進級していた。

さくらたちは無事2年に進級
さくらたちは無事2年に進級

フラれ動画がバズり人気YouTuberとして天狗状態の根来(戸塚)、相変わらず彼氏の入れ替わりの激しい寛子(今田)、バイトに明け暮れる苦学生・美咲(小野)と、賑やかな青春を送っていたある日、さくら(永野)はハタケ(中川)が後輩女子と付き合っていると知り、ショックを受ける。落ち込むさくらを前にしたガタローは、ハタケが他の女と付き合うこともなんだか許せず……。

ガタローはハタケがさくら以外の女子と付き合うのがなぜか気に食わず…
ガタローはハタケがさくら以外の女子と付き合うのがなぜか気に食わず…

そんな中、さくらはバイト先のカフェで人手不足に困った美咲から、一緒にバイトしないかと誘われる。新しい出会いがあるかもと背中を押す寛子だが、親バカを発動したガタローは当然反対。しかしその夜、小比賀家の家計が傾く大ピンチが勃発!

カフェのバイトを始めることになったガタロー
カフェのバイトを始めることになったガタロー

翌日、前言を撤回したガタローは親子揃ってカフェのバイトを始めることに。プロフェッショナルな働きぶりでガタローの度肝を抜く美咲だが、知られざる過去を抱えた美咲の元に不穏な影が近づいていた……。

町田啓太が連続ドラマ初主演を務めるドラマ特区『西荻窪 三ツ星洋酒堂』(MBS、毎週木曜24:59~ほか)の第3話が、2月25日に放送された。ゲスト出演者の近藤芳正演じる定年を迎えたサラリーマンの物語に、視聴者からは感動の声が寄せられた。

ページトップへ
Twitter Facebook