岡本あずさ、ぺこぱの松陰寺太勇、四千頭身の後藤拓実

8月13日に放送される『THE突破ファイル 2時間SP』(日本テレビ系、毎週木曜19:00~)では、好評シリーズ「突破レスキュー」の新作が登場。俳優・モデルの中島健、お笑い芸人のとろサーモン村田秀亮かが屋賀屋壮也扮するレスキュー隊員たちが、池にはまってしまった少年を救い出す突破劇が繰り広げられる。

内村光良ウッチャンナンチャン)がMCを務める同番組は、あらゆるジャンルで実際に起きた驚きの突破劇を取材し、再現ドラマとクイズで放送。徹底的にこだわったディテールの再現ドラマを通し、追い詰められたピンチを脱出する爽快感を追体験できる新感覚ドラマ&バラエティ。レギュラー解答者として、サンドウィッチマン伊達みきお富澤たけし)、ゲスト解答者として、宇賀なつみEXITりんたろー。兼近大樹)、岡部大ハナコ)、加藤史帆渡邉美穂日向坂46)、ぺこぱシュウペイ松陰寺太勇)らが登場する。

ある日、山間の溜め池で、小学生の祐樹(横山歩)と千夏(杉堀佑衣)が、ボートの上から池の魚を観察していると、バランスを崩した祐樹が転落。池底の排水口に足がはさまり、そのまま動けなくなってしまう。通報を受けて駆け付けたレスキュー隊の中島隊員(中島)、村田隊長(村田)、賀屋隊員(賀屋)の3人は、さまざまな方法を試みるが、どれもうまく行かない。祐樹の足は排水口を完全にふさいでいて、無理に外そうとすると祐樹の身が危険にさらされることに。しかも、水かさは着実に増しており、あと数時間で祐樹の体は水中に沈んでしまう。だが、そんな八方ふさがりの状況の中、中島隊員がある方法を思いつく。果たして、みごと少年の救出に成功した、驚きの突破方法とは?

「突破レスキュー」3度目の出演となる中島は、今回も正義感あふれる隊員を熱演。ウエットスーツに身を包んでボンベを背負い、実際に池の中に潜って、リアルな救出劇に挑戦する。また、村田、賀屋の2人は、通報を受ける前の日常的な場面ではコメディタッチの演技を、池での救出シーンではシリアスな演技を披露。レスキュー隊の固いチームワークを感じさせる3人のやりとりも見逃せない。さらに、小学6年生の生物部員に扮する子役の横山のけなげな演技も必見だ。

レスキュー隊の中島隊員(中島健)
レスキュー隊の中島隊員(中島健)

なおこのたび、ドラマ収録を終えたばかりの中島と村田から、役作りや共演者の印象などについてコメントが届いた。

<中島健&村田秀亮 コメント>
――今回のドラマ収録は、いかがでしたか?

中島:率直に言って、肉体的にとてもつらかったです。ボンベを背負っての撮影は、いつもとは違う疲労がありました。でも、そんな弱音を吐けなくなるくらい、スタッフさんが本当に優しくて。幸せな現場だなと思いましたね。

村田:撮影の2日目は、「雨が降ったら中止かも」と言われていて。そしたら午前中、本当にバケツをひっくり返すほどの大雨だったんですよ。でも、強行突破で撮影を始めたら、昼からウソみたいに晴れわたって……『突破ファイル』の神様がいました!(笑)。

――それぞれ、レスキュー隊員を演じる上で、どのような役作りを?

中島:今回は、子供を救うということで、この子が「将来、自分もこんな消防士になりたいな」と憧れられるヒーローのような存在でいようと、役を作りました。

村田:僕は隊長役なんですが、隊長といえば“眉間にシワ”。そこを意識して、ずっとシブい顔をして立っていました(笑)。

――お互いの印象は?

中島:村田さんは、今回初めてお会いしたんですが、本当に面白くて、さすが芸人さんだなと思いました。

村田:中島隊員は、謙虚でハンサムで、いい奴で、いい役者です! 目がキラキラしすぎていて、2秒以上見られませんでした(笑)。

中島:実はお会いする前は、村田さんって、ちょっと怖い方なのかなと思っていたんです。だけど、空き時間など常に笑わせてくれて。いい意味で気を遣わずに接してくださったのかなと思います。

――撮影中のウラ話があれば教えてください。

中島:僕が水中に潜るシーンは、かなり時間がかかって、空き時間も池の中で待機していたんですが、その間、村田さんはずっとボートの上で待機されていて、暑さで悶絶してました……(笑)。

村田:炎天下の中、ウエットスーツを着て、20kg近くあるボンベを背負ってるのに、まったく水の中に入らない設定だったんですよ。何にも動いていないのに死ぬかと思いました。

中島:でも、そのときの村田さんたちの会話がまた面白くて(笑)。僕も池の中にいてつらかったんですが、あっという間に感じられました。

村田:あと、撮影の合間はずっと、賀屋の恋愛話を聞いてたんですよ。その話がすごく面白かったので、興味津々で聞いてたら、突然背後から「早く続きが聞きたいです!」という声が聞こえてきて。振り返ったら、撮影に協力していただいている本物の消防署の隊員の方でした(笑)。みんなで夢中になって聞いてましたね。

――ちなみに村田さんは、お笑いコンビ「かが屋」について、どんな印象を持っていますか?

村田:毎晩YouTubeでネタを見てます! かが屋のコントからは優しさがにじみ出てますよね。前からこの2人は優しい奴らなんやろなって思ってたんですけど、今回の撮影で、賀屋と初めてしゃべってみたら……羊より優しい奴でした(笑)。

――今後、『THE突破ファイル』の再現ドラマで演じてみたいシチュエーションや、挑戦してみたい役柄は?

中島:この番組では、僕はこれまでに3度、レスキュー隊員を演じさせていただいているんですが、正直、枠があるならば、このポジションは自分がずっとやらせてもらいたいです!(笑)。あと、いつか「突破交番」にも出させていただきたいなと思っています。

村田:僕は、ヘリコプターに乗って救助する役をやってみたいですね。ただただ、ヘリコプターに乗ることが私の夢です(笑)。

――最後に、今回の「突破レスキュー」の一番の見どころを教えてください。

村田:少年を救い出す方法を、いろんな形で試して、ことごとく失敗して、最後の最後にひねり出した方法が突飛すぎて、「マジか!? 」ってなります! ほんまにすごいです!

中島:僕らレスキュー隊3人の、普段の訓練中の姿と、救出現場での姿のギャップにも注目です。スイッチを切り替えているところを見ていただきたいですね。それとやはり、横山歩くんの何とも言えないかわいらしさも見どころです!

9月17日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系、毎週木曜20:00~)では、川口春奈と近藤春菜(ハリセンボン)の“Wはるな”がドッキリに挑戦。ターゲットの気を引こうと喧嘩の演技に興じるも、コミカルなキャラクターを隠せない様子にインターネット上では「人の良さがすごい出てる」と突っ込みの声があがった。

ページトップへ
Twitter Facebook