小芝風花、中村倫也

中村倫也が主演を務める日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第8話が、6月21日に放送される。

原作は、数多くのヒット作を飛ばす東村アキコが手掛ける初のサスペンス漫画。容姿端麗だが、超超変わり者の美食家探偵・明智五郎(中村)が、類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦・マグダラのマリア(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

<第8話あらすじ>
地下アイドル“爆音エンジェルズ”のメンバー・ココ(武田玲奈)のライブ中に倒れ病院に運ばれたストーカーの田畑(森永悠希)だったが、血液検査で異常は見られず、上遠野警部(北村有起哉)から毒を盛った疑いをかけられた明智(中村)も解放される。

しかし、ココが使ったキッチンに白いキノコ“ドクツルタケ”の残骸があるのを見つけた明智は慌てて田畑の病院へ……! 実はドクツルタケは一度症状が改善した後、7日後に死に至る毒性の強いキノコ。明智は、田畑の病室で待っていたマリア(小池)から、次は苺(小芝風花)を殺すと告げられる。

その頃、自分が7日後に死ぬとは知らない田畑は、みどり(仲里依紗)が加わったマリア・ファミリーによって、とある場所へと連れ出されていた……。そんな中、友人であるココがマリアに洗脳され犯罪に手を染めたことに落ち込む苺に、明智は「事務所で一緒に暮らさないか」と提案! マリアから苺を守るため、桃子(富田望生)も加わり明智との共同生活がスタートする。

過保護すぎる明智の監視にストレスを貯める苺だが、やっとランチ営業を再開したいちご・デリに、有閑マダム(丘みつ子)が客として訪れる。そして運命の7日目、明智はココがマリアに会うと言って姿を消したと聞き、GPSが示す場所へ急ぐ。しかしその頃、苺の身にマリアの影が忍び寄っていた……!

2021年1月7日にスタートする大倉忠義が主演、広瀬アリスがヒロインを務め、恐妻家に怯える主人公がタイムスリップという奇跡がきっかけで妻を入れ替えたことにより“本当に大切なことは何なのか”を模索するファンタジーラブストーリー『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大SP)に、末澤誠也(Aぇ!group/関西ジャニーズJr.)、佐野ひなこ、安藤ニコの出演が決定。さらに、末澤が主演を務めるスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』がFODで独占配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook