中居正広がMCを務める『新・日本男児と中居』(日本テレビ系、毎週金曜24:30~)が、5月29日に放送。中居がインターネット上で結婚を決めた男性にツッコミを入れる一幕があった。

令和の時代に突入してから新しい生き方をする人たち(新・日本男児)が急増中。スタジオにスポーツや音楽、演出など様々な分野で活躍してきた一流ゲストが登場し、トークを繰り広げる同番組だが、今回はリモート収録の特別企画「自粛で進化した男児SP」。過去に放送された回を交えつつ、新型コロナウイルスの影響による生活の中で、ピンチをチャンスに変えた男たちが紹介された。

2019年5月に放送された回からは、妻をブログで募集し、初対面で結婚した男・竹内紳也さんがスタジオに登場した。女性と話すのが苦手で、30歳まで恋愛経験ゼロだったという竹内さん。「相手のことを知る=恋愛」だとし、インターネットの力で相手を知ることができるのであれば「デートする必要あります?」と訴えた。

実際に嫁募集をしたブログを閲覧した中居は「(写真に)誠実感がない」とバッサリ。さらに、自分だけでなく、周囲の人から見る竹内さんのイメージを掲載しているため、中居は「グルってこと?」とコメント。1日で14人から連絡がきたものの、現在の奥さんとしか会っていないとのことだが、実は、会う前に「この人と結婚しよう」と決めたそうで、彼女が提出してきたパワーポイントが決め手だったようだ。なぜ竹内さんに惹かれたのか、彼の要望に答えられることなどが記載されていたこともあって、竹内さんもパワポでプロポーズを決行。「一生大切にします」と綴られた文章に、中居は「キミ、ガチでヤバイよ!」と投げかけた。

自身は結婚できないという中居。恋愛も「結婚がしたいから」という理由ではないと語ると、竹内さんが「そっちの方が合っているかもしれませんね」と合いの手。すかさず中居は「お前はオレの何を知っているの?」と詰め寄り、上から目線の彼に向って「オレ童貞じゃないからね!」とぶつけた。

現在の状況をスタッフがリモートで取材。竹内さんは、コロナ離婚という言葉が流行しているが「言い訳ですね。(自分は)結婚7年目ですけど、ラブラブです」と切り捨てた。コロナ禍の状況も相まって、オンラインで出会いを求める人が増えていると竹内さん。外見ではなく、内面に目を向けることができるなど、制限があるからこそ選択肢が広がっていると述べていた。

7月10日(金)の『徹子の部屋』には、フワちゃんが登場する。 大物にも敬語を使わないスタイルで一躍ブレーク。突如芸能界に現れた、“新時代のお笑い芸人”フワちゃん。 同番組初登場のフワちゃんは、幼い頃から『窓ぎわのトットち

ページトップへ
Twitter Facebook