中村倫也が主演を務める日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第3話が、4月26日に放送される。

原作は、『海月姫』『主に泣いてます』(フジテレビ系)、『偽装不倫』(日本テレビ系)など数々のヒットを連発し、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)ではアラサー女性を共感の嵐に巻き込んだ、東村アキコが手掛ける初のサスペンス漫画「美食探偵―明智五郎―」(集英社「ココハナ」連載)。本作は、容姿端麗だが、超超変わり者の美食家探偵・明智五郎(中村)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。脚本は田辺茂範、演出は菅原伸太郎、水野格。中村のほか、小芝風花小池栄子北村有起哉佐藤寛太劇団EXILE)らが出演する。

<第3話あらすじ>
明智(中村)と苺(小芝)は、二人をくっつけようとする桃子(富田望生)の計らいで近所にオープンした激安立ち食いフレンチへ。料理の味そっちのけで写真を撮りまくる客に呆れつつも激安店の需要にそれなりに納得する明智。一方、苺は殺人鬼・マリア(小池)と明智の関係が気になっていた。

翌日、激安立ち食いフレンチの台頭で売り上げが低迷していた近所のフレンチレストラン「メゾン・ヴェリテ」で、客が喉にパンを詰まらせ窒息死する。明智は店の厨房にモナリザの絵葉書があったという高橋刑事(佐藤)の話から、マリアが絡んだ事件だと確信。上遠野警部(北村)も、死亡した岩本(中村靖日)が普通の会社員であるにも関わらず平日に高額のランチコースを食べていたことを不審に思うが、店長兼シェフの伊藤(武田真治)が必死に岩本を助けようとしていたという目撃者の証言が事故の可能性を裏付ける。

そんな中、伊藤が連絡をとっていたのはパリにいるマリアだった……。翌日、一般人が飲食店の評価を投稿できるグルメサイトに上がっている1枚の写真に目を留めた明智は、苺とともに店へディナーに赴く。伊藤の料理の腕に感服した明智は、伊藤の犯行をあぶり出す緊迫のやり取りを繰り広げる。さらに明智は、苺に変装させ、証拠探しを展開。殺人鬼・マリアに辿り着くべく、美食探偵の推理が冴えわたる!

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」で配信されている番組を、編集部が厳選しておすすめする「編集部が選ぶ!今週のおすすめコンテンツ」。今週は、フジテレビで放送中の令和版と、1991年に放送された平成版の『東京ラブストーリー』を紹介していく。

ページトップへ
Twitter Facebook