3人組アーティスト・Sonar Pocketmattyが、4月18日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「愛犬のレンちゃんをタレント犬にしたいがため、ソナーポケットを利用しまくっていること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム指原莉乃大久保佳代子

2008年にメジャーデビューし、誰もが共感する歌詞とメロディーから「ラブソングマスター」と称され、若者を中心に絶大な支持を集めたソナポケ。メンバーのmattyによる愛犬の溺愛ぶりに、残りのメンバー2人が不満を漏らした。

mattyの愛犬は、ゴールデン・レトリバーのレンちゃんで、現在5歳とやんちゃ盛り。mattyはとにかくレンちゃんへの“愛”が強く、SNSはもちろん、ファンクラブ限定のマガジンからライブグッズにPVまで、すべてにレンちゃんを登場させるほど。さらに、mattyはレンちゃんをタレント犬にするため、「良さを分かってもらうべく、売り込みを仕掛けている」そうで、これには他の2人も閉口しているという。

スタジオでは有吉が「なんでタレント犬にしたいんですか、別に可愛がっているだけでいいじゃないですか」と質問。mattyは、ソフトバンクのCMのお父さん犬を見て、「あれがいけるなら、うちもいける」と思ったそうで、最近は様々な現場にレンちゃんを連れて行き、仕事につなげるための“売り込み”をしているのだという。

このmattyによる営業活動を、バカリズムは「汚れの王道ですよ」とバッサリ。さらに指原も、レンちゃんへの教育不足を強調しつつ、「今からタレント犬なんて無理ですよ」と忠告していた。

ここで、スタジオにレンちゃんが登場。タレント犬としての素質をテストしてみることに。カメラの前で動かずにいたり、飼い主以外の人間とコミュニケーションを取ったりといった、タレント犬として基本的なことを成功させていくレンちゃんに、有吉も「ちゃんとできますね」と感心。指原も手の平をクルリと返し、「太田プロに入れません?」と提案して笑いを誘っていた。

そして、有吉も「あ~かわいいね~」「あ~どうしたの~? はいはい~」と猫なで声でレンちゃんをナデナデ。大久保や指原から「好感度あげようとしている」「見え方気にしないで」とクレームを受けていた。

レンちゃんの株が十分上がったところで、禊が発表。今回のmattyへの禊は、「愛犬と一緒にトランプタワー」に決定し、後日さっそく禊が行われることになった。

集中力と忍耐力が必要なトランプタワーは、レンちゃんをおとなしくさせるのがポイント。8畳の部屋でレンちゃんと2人きりになったmattyは、さっそく5段のトランプタワーに挑戦した。しかし、そもそもトランプタワー自体に苦戦してしまい、1番下の段を完成させるだけで2時間が経過してしまう。

結局、禊開始から8時間後に2段目が完成したところでタイムアップ。禊失敗という形になったmattyだが、「自分の気が収まらない」と、自宅で禊に挑戦し、2日かけて5段のトランプタワーを完成させていた。

7月30日(金)放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、「お気に入りのコンビニありますか?」という質問をテーマに熱い議論が繰り広げられた。 「外国の方って感じのいい人多くない?」と話すマツコ。いい店員がいた店舗にはまた

ページトップへ
Twitter Facebook