濱田龍臣が主演を務める、福岡放送開局50周年スぺシャルドラマ『天国からのラブソング』(FBS※福岡・佐賀)が、3月15日(日)15時から放送(※BS日テレ:3月20日19:00~)。このほど、西尾まり田山涼成の出演が決定した。

本作は、視聴者からの超個人的な調査依頼を番組独自に解決する『ナンデモ特命係 発見らくちゃく!』(FBS:毎週月曜24:54~/KRY山口放送:毎週月曜25:24~)が発掘した感動の物語「天国からのラブソング」をスペシャルドラマ化。男子高校生・光井天星(濱田)と他界した祖父・浩(こう/イッセー尾形)が、様々な人の関わりを経て交流する物語を豪華キャストで描く。脚本を金沢知樹、いとう菜のは、演出を藤谷拓稔(FBS)が務める。 

濱田演じる天星の母親役の西尾は「あっという間の撮影期間でしたが、濃厚な時間をキャスト、スタッフの方々と過ごす事ができました。また、オール福岡ロケという事で、福岡のスタッフの方々には、大変お世話になりました。ドラマでしか描けない細かい心理描写を、実際の映像も含めてお楽しみいただける作品になっています」と福岡ならではの映像を楽しめるとアピール。

そしてもつ鍋屋の店長を演じる田山は、「何と優しいドラマでしょう! 奇をてらうことなく、まっすぐに家族とそのまわりの人たちをユーモアを交えてハートフルに描くストーリー! このドラマは、テレビの前に家族全員が集まって見て頂きたい作品です。見終わった後は、家族の思い出とともに優しい時が流れること間違いないでしょう。人を思う……最高!」とメッセージを寄せている。

ページトップへ
Twitter Facebook