真冬のテントサウナに潜入!

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。2月1日の放送は、真冬のテントサウナを楽しむ人たちが集まるキャンプ場から中継を結ぶ。

スタッフが訪れたのは、山梨県小菅村の玉川キャンプ村。川沿いに7つほどのテントが並び、そのテントの中から水着姿の男女が出てきた。気温約3度、水温約5度にも関わらず一斉に川に飛び込む。室温約100度のテントの中に入ると、女性3人、男性1人がサウナを楽しんでいる。

普通のサウナと違い、男女一緒に入れるのが、テントサウナの魅力の1つなんだそう。マツコが「何が楽しいの?」と聞くと、男性は「川とか湖の自然の水風呂にサウナから飛び込むのを3回ほど繰り返すと、深いリラックス状態になり、それをサウナ界隈では「ととのう」と表現している」という。マツコ「ととのうは、ねづっちさんのものでしょうよ!」とつっこむ。

そのテント内にいる2人の女性は編集者だそうで、その2人に「ととのう」とはどういう状態か? と聞くと、1人目の女性は「グルグルグルってあるものの中からピュ~って光の穴に向かって精神が上りつめていく、受精に近いんじゃないかな」と回答。もう1人の女性は「最近上司に、霊がついていると言われたので、いろんなものを取ってくれるような、除霊の効果もあるのかな?」といい、2人の意見にマツコは驚き、「受精と除霊……ちょっと久々に、くらったわね。“※女性編集者特有の証言です!”って、ずっと注意書き入れておかないと」とフォロー。

その後も、サウナを題材にした漫画を描く女性漫画家や、サウナを通じて企業と企業を結ぶサラリーマン、ヴィヒタ(白樺の枝葉)を使って体を叩くサービス「ウィスキング」を行うサウナー、東大卒でサウナ専門サイトを作ったプログラマー夫婦など、「ととのう」感覚を独特な表現で教えてくれる方々が続々登場する。

次回の「家、ついて行ってイイですか?」は、10月7日(水)よる9時放送! 10月からは、放送枠を2時間に拡大してお送りします! そこで「テレ東プラス」では、9月28日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)の内容をプレイバック! 今回は、静岡県沼津市・御浜海水浴場で出会った、漁師の勝呂雅臣さんの家について行きました。【配信終了:10月13日(火)】動画はこちら遠洋漁業の漁師をしている勝呂さんの通り名は「春木屋」さん。曾祖父の時代は旅館「春木屋」を経営しており、お

ページトップへ
Twitter Facebook