横浜流星

谷村美月が、2月2日に放送される清野菜名横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第4話にゲスト出演する。

本作は、謎のヒーロー&ヒロインが、警察やマスコミも触れない「隠れた真相」を大胆に暴き、世の中のグレーゾーンにシロクロつけていくシニカルミステリー。清野は、囲碁棋士の川田レンを、横浜は、大学で精神医学を学ぶ一方、「メンタリストN」としてテレビにも出演している森島直輝を演じる。

レンと直輝には裏の顔があり、レンはトップアスリート顔負けの身体能力とエキセントリックな風貌を持つ謎の存在・ミスパンダとなり、“クロ”と認定したターゲットを喜々として公開処刑する。また、直輝は、“飼育員さん”となり、ミスパンダを操作。隠れた真相を暴くと同時に、父の死の真実を突き止め、犯人に復讐を遂げるという野望を抱いている。

第3話ではスポーツ界を舞台に、ミスパンダと飼育員さんのタッグがスポーツ代表選考に関する疑惑に切り込んでいった。グレーゾーンにシロクロつける一方で、直輝とリコは互いに「レン」「直輝」と呼び合うようになるなど急接近していき、2人の恋の行方も気になるところ。また、レンが過去に放火事件によって双子の姉・リコを失ったこと、自分だけが助かったことを後悔し、苦しんでいることが明らかに。さらにラストは、直輝から精神科医・門田(山崎樹範)への「川田レンは、レンじゃないですよね?」という衝撃的な問いかけで終わっている。直輝の言葉は一体何を意味しているのか? 門田は何を知っているのか? 

そして第4話の舞台となるのは、ミスパンダにあこがれる自称・天才美少女囲碁少女の楓(吉田美月喜)が通う中学校。3年生の翔太が同級生を人質にとり屋内プールに立てこもる事件が発生する。涼介にいじめを受けていたと訴える翔太に対し、涼介はいじめていないと主張。学校側は、会見を開き、いじめはないと主張するが、「なぜ本当のことを話さないのか」と、谷村演じるスクールカウンセラーが詰め寄り……。

<第4話あらすじ>
直輝(横浜)は門田(山崎)から、レン(清野)とリコの秘密を聞く。そんな中、楓(吉田)が通う中学校で3年生の翔太が同級生の涼介を人質にとって立てこもる事件が発生する。涼介にいじめを受けていたと訴える翔太に対し、涼介はいじめていないと主張。翔太は、ミスパンダを呼んでどちらが正しいかシロクロつけてもらいたいと要求する。

直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝える。しかし、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しない。一方、レンは門田から、直輝とは関わらないようにと忠告される。ミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫り……。

やればできる。それはずっとポジティブな言葉として捉えられてきた。でも本当にそうなのだろうか。その前向きな言葉に押し潰されそうになっている人もいるんじゃないだろうか。 『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22:00〜)のメイ(多部未華子)もずっと人から「やればできる」と言われて育ってきた。 そして、そんな期待を「呪い」と重荷に感じながらも、第2話でメイはまたも「やればできる」に応える姿が描か... 水澤紳吾

ページトップへ
Twitter Facebook