左から、大貫勇輔、渋谷謙人、吉高由里子

吉高由里子が主演を務めるドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)が、第3話が1月22日に放送。大貫勇輔がゲスト出演する。

週刊誌編集部を舞台に、主人公の記者・真壁ケイト(吉高)が世の真実を暴く立場でありながら自分の真実に人生を狂わされながらも記者としてだけではなく、人としても成長していく姿を描くお仕事系ヒューマンドラマ。ケイトが所属する「週刊イースト」編集部のメンバーとして、編集長・岩谷進役の佐々木蔵之介を筆頭に、重岡大毅ジャニーズWEST)、本多力小林きな子和田聰宏山内圭哉関水渚ら、さらに柄本佑小林薫といった豪華俳優陣が出演している。

<第3話あらすじ>
ケイト(吉高)は自分が殺人犯・乃十阿徹(小林)の娘であることを知りながら、かつて尾高(柄本)がプロポーズしてくれていたことを知り、当時何も知らずに春樹(重岡)に心を移した自分を激しく悔やんでいた。8年前、尾高と付き合い始めて、お互いに仕事もプライベートも絶好調だった思い出に浸るケイト。自分が手放した尾高が今は子供もいる妻帯者であることを寂しく思う……。

そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号に向けたネタの取捨選択が進む。厚労大臣の賄賂疑惑ネタがボツにされたケイトは、先輩の小野寺(今井隆文)が出した企画、人気ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽(大貫)の特集を手伝うことに。日本から世界に羽ばたく天才ダンサーとして国民的な人気を誇り、CMや公演に引っ張りだこのタツミーヌのファッションを分析するコーナーを任されたケイトは早速馴染みのファッション評論家・ミミコ近藤(篠井英介)のもとへ。しかし、デスクの黒川(山内)から突然「取材は一旦中止」と連絡が入る。

10年前のタツミーヌが映ったある動画がネット上で拡散し、炎上したというのだ。動画のタツミーヌは老人に向かって「老害」「本当に必要なのは介護施設ではなく姥捨山」など世間のイメージにそぐわない暴言を浴びせていて……。編集長の岩谷(佐々木)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく本性に迫るものに変えるよう指示し、引き続き取材を続けることに。ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトだが、岩谷は「これで潰れる才能ならそれまで」と意に介さず……。

マスコミが手のひら返しでタツミーヌを叩き始める中、ケイトは不本意ながらも後輩の福西(渕野右登)と共に本人の直撃取材へ。スタジオの外で張り込みをするが、待ち伏せる報道陣を出し抜いたタツミーヌは何も語らぬまま逃げてしまい……。

翌日。消息を絶ったタツミーヌ探しが難航する中、尾高が年末の挨拶に編集部に現れる。尾高の姿を見た春樹は、あることを話すため尾高を屋上に呼び出すが……。一方ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く。

6月7日の『有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系、毎週日曜22:00~)は、番組MCの有吉弘行をはじめ、タカアンドトシ、アンガールズ・田中卓志らが、ゲストのフワちゃんとリモートでゲームを楽しむ。

ページトップへ
Twitter Facebook