中尾暢樹が、1月19日に放送される清野菜名横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第2話に出演する。

本作は、謎のヒーロー&ヒロインが、警察やマスコミも触れない「隠れた真相」を大胆に暴き、世の中のグレーゾーンにシロクロつけていくシニカルミステリー。清野は、囲碁棋士の川田レンを、横浜は、大学で精神医学を学ぶ一方、「メンタリストN」としてテレビにも出演している森島直輝を演じる。

レンと直輝には裏の顔があり、レンはトップアスリート顔負けの身体能力とエキセントリックな風貌を持つ謎の存在・ミスパンダとなり、“クロ”と認定したターゲットを喜々として公開処刑する。また、直輝は、“飼育員さん”となり、ミスパンダを操作。隠れた真相を暴くと同時に、父の死の真実を突き止め、犯人に復讐を遂げるという野望を抱いている。

放送前から、アクションシーンや、ミスパンダと飼育員さんがどのように“シロクロ”つけていくのか、注目されていたが、第1話ではミスパンダの見事なアクションシーンが登場。さらに、直輝はなぜ父の復讐に燃えるのか、パンダのぬいぐるみの存在理由も明らかになった。今後、ミスパンダの秘密やレンの過去なども明らかになっていく。

第2話で、ミスパンダと飼育員さんがシロクロをつけるグレーな舞台となるのは、不正入試問題。不正入学を疑われる学生に中尾が、権力を利用して息子を大学に不正入学させたとされる父親であり大学の学長に阿南健治、不正入試問題をめぐって調査を進める副学長にモロ師岡と元文科省事務次官役に渡辺裕之が決定した。中尾は、日曜ドラマ枠としては、『あなたの番です』以来の出演となる。

さらに、現在GYAO!では物語のカギを握るチェインストーリーが配信中。本編では描き切れない登場人物たちの素顔が描かれ、次週放送まで待ちきれない視聴者により一層作品の世界を楽しんでもらえる仕掛けとなっている。さらに、最終回放送後にはHuluにてオリジナルストーリーが配信予定となっている。

<第2話あらすじ>
レン(清野)と直輝(横浜)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる……。

事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。

神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。“あの告発”とは、世間で話題になっている不正入試疑惑のことだった。東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認める。さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。

直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく……。そして、ミスパンダが出現。直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。

全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案。しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが駆け付け……。

深田恭子が主演を務める木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第8話が、12月3日に放送。インターネット上では、アニメ『鬼滅の刃』に“似た技”の再登場に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook