清春の孤独な旅もついに終りを迎える

賀来賢人主演のドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)が、12月15日でついに最終回を迎える。最終回では、実時間とドラマの中の時間がシンクロ。リアルタイムで物語を楽しめる仕掛けとなっている。

本作は、『3年A組』の脚本家・武藤将吾が手掛けるアンストッパブル・ミステリー。叩き上げの刑事・遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ますと、数か月間の記憶を失っていた。右手には拳銃、横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の死体。殺したのは自分なのか、それとも……。真相を追い求める清春に、かつての仲間だった同僚刑事が迫る。そして事件は未解決だった「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく。

第6話からスタートした「覚醒編」もいよいよクライマックス。前回放送の第9話では、気を失っている間に施されていた肉体改造プログラムによって、覚醒の日を迎えた遊佐清春(賀来)が、警察の極秘地下組織“ニッポンノワール”の真の目的が「肉体改造プログラムを強化する新薬」だと知る。そして、薫の殺された山小屋で待ち伏せていた清春は、ついに真犯人と思われるガスマスク男と対峙。最終話では、すべての記憶を取り戻した清春が、ガスマスク男の正体を暴く。

そんな怒涛の展開が繰り広げられる最終回は、22時30分よりスタート。劇中で清春が覚醒した日付も12月15日であり、最終話のドラマ内の時間も実時間とシンクロし、22時30分から23時25分までとなっている。

清春が辿り着いた真実とは。そして、薫を殺害し、さらに十億円強奪事件の強盗団をも殺害した真犯人は誰なのか。超リアルタイム最終回で、残された全ての謎が明らかになる。

さらに、「ニッポンノワール」公式HPとYouTube日テレ公式チャンネルでは、第9話までのダイジェストを配信中。そして、Huluでは、本作のオリジナルストーリーの配信も決定した。配信されるストーリーは、今回の事件の中核を担った刑事たちの「告白」を描いたもので、全10話で完結した物語の「事件の裏側」を徹底解剖。「あの時、裏ではこうだったのか!」と、全10話を異なる角度から改めて楽しめる内容となっている。最終話の放送直後に第1話を、翌週の12月22日(日)に第2話をHuluで独占配信する。

<最終話あらすじ>
ついにすべての記憶を取り戻した遊佐清春(賀来)は、再び事件の発端となった山小屋へ向かう。そこで“ある人物”と対面した清春は、これまでの捜査の中で覚えた“違和感”をぶつける。

なぜ、薫は殺害されたのか……強盗団が強奪したニッポンノワールの資金・10 億円の行方は……清春が記憶を消されたワケは……そして、ガスマスクの男の正体は……。様々な疑問が一つに繋がる瞬間、すべての謎が氷解する。

たった一人の反乱から始まった清春の孤独な旅。運命に逆らい続け自分を貫いた、その先に待ち受けるものとは……。

元モーニング娘。の鞘師里保が、12月4日に放送された南海キャンディーズ・山里亮太原作、仲野太賀主演のドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~ ※一部地域を除く)の第10話にヒロインとして登場。インターネット上では、感動の物語と鞘師のナチュラルな演技に絶賛の声が殺到した(以下ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook