矢本悠馬

矢本悠馬が、賀来賢人主演のドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第6話(11月17日放送)から出演することがわかった。

本作は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が手掛けるアンストッパブル・ミステリー。叩き上げの刑事・遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ますと、数か月間の記憶を失っていた。右手には拳銃、横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の死体。殺したのは自分なのか、それとも……。真相を追い求める清春に、かつての仲間だった同僚刑事が迫る。そして事件は未解決だった「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく。

第5話で第1部が幕を閉じ、いよいよ第6話から、すべての謎が明らかにされる新章がスタートする。その第6話を前に、ドラマの重大なヒントが隠されたスペシャル動画が公式HPで公開された。第5話のラストでは、清春の記憶が呼び戻される形で、殺害された薫自らが「十億円強奪事件」の真犯人であると告白するという、驚くべき真実が明らかになった。しかし、薫を殺害したのは誰か? 十億円の隠し場所は? 警察の地下組織だというニッポンノワールの目的とは? など、多くの謎は残されたままだ。実は第5話までのストーリーに、すべての答えは隠されており、このヒント動画を見れば数々の疑問と伏線がつながり、必ずや正解を導けるという。さらに、第6話からの新章は「カク○○編」と銘打たれるとのこと。現在のところ、○の中の文字は明らかにされていないが……?

また、第6話から矢本の出演が決定。テレビドラマでの賀来との共演は、日テレ日曜ドラマ枠で放送されていた『今日から俺は!!』以来となる。今回は『今日から俺は!!』の谷川役とはガラリと変わり、清春と同期の公安部刑事・眞木光流(まき・みつる)役として、大いなる狂気を孕みながら、逃走する清春の命を狙い、追い詰めていく刑事を演じる。

<矢本悠馬 コメント>
毎週、次が気になる展開で自分も一視聴者として楽しんでいるドラマだけに、突然のオファー嬉しかったです。作品に途中参加するというのは初体験で、他のキャストさんやスタッフさんができ上がってる中、1人模索しながら緊張しております。『ニッポンノワール』のいいスパイスになれれば幸いです。

<第6話あらすじ>
警察署を襲撃したガスマスクの男ら約100人の武装集団。混乱の中、喜志(栄信)殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来)は才門要(井浦新)の手引きで逃走。追う警察は清春を全国指名手配にかける。清春は逃亡生活の中で碓氷薫(広末)の告白が脳裏にフラッシュバックする。

「十億円強奪事件の真犯人は……私よ」

これまで追いかけてきた「十億円強奪事件」と「碓氷薫殺害事件」の接点、それがまさかの薫自身がその真犯人だったという真相に繋がる。これにより謎は一層深まる。ではなぜ薫は殺害されたのか。そして手を下した人間は誰なのか……。

ニッポンノワールの拠点を探る清春は、半グレ集団ベルムズと警察が癒着している疑いを知る。また複数のベルムズメンバーが警察病院で相次ぎ失踪しているとの情報を得て才門と共に潜入を試みる。

こうした中、克喜(田野井健)が服用している薬は未認可の劇薬と判明。徐々に鮮明になる清春の記憶。そして、組織の輪郭が見え始める--。

ページトップへ
Twitter Facebook