賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第1話が、10月13日に放送。インターネット上では、初回からパンチの効いた内容に様々な声があがっていた。

本作は『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が手掛けるアンストッパブル・ミステリー。『今日から俺は‼』や『あなたの番です』など、大ヒットが続く日テレ日曜ドラマの最新作だ。

遊佐清春(賀来)は警視庁捜査一課の刑事。森の中にある山小屋で目を覚ますと、右手には拳銃、横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の死体が転がっていた。『3年A組』でも登場した半グレ集団ベルムズの元リーダー・貴志正臣(栄信)の力を借りつつ申し訳程度の隠ぺい工作をし、その場を後にした清春だったが、刑事の仕事として犯行現場へ戻ることに。清春は、同僚の江國光成(杉本哲太)らに自分は数か月間の記憶を失っており、碓氷が彼の上司になった頃から記憶がないことを素直に告白。しかし、その話を聞いていた課長の南武修介(北村一輝)から自首を促されてしまう。

また、捜査会議で警察学校の同期で清春に恨みを持つ宮城遼一(細田善彦)から、半グレ集団との繋がりや事件前日無断欠勤したことなどを指摘され、捜査一課のほとんどから疑いをかけられるハメに。さらに、南武の命令により、碓氷の息子・克喜(田野井健)の世話をすることになってしまった。

挨拶が出来てしっかり者の克喜が1人で家に帰ると、自宅が荒らされていた。その現場に清春が新人の頃に指導にあたった刑事・才門要(井浦新)が現れる。後ろから「何をしている?」と拳銃を向けた清春に、才門は清春が吸っていた同じ銘柄のタバコを見つけ「誰かがお前を犯人に仕立てあげようとしているとか?」とゆさぶりをかけた。さらに、碓氷が死の直前に追っていたものの容疑者死亡で幕を閉じた十億円強奪事件について、真相と今回の事件の関連性を語り「誰も信じるな。決断を誤ったら命はねぇぞ」と忠告。その後、清春は貴志の力を借りて、事件当日のアリバイ工作と某所の防犯カメラを解析し、ある事実を知る……。

ネット上では、初回から謎に包まれた展開に「なかなかの衝撃作」「もうすでに来週が気になる!」「(賀来の演技が)『今日から俺は』と全く違う迫力」といった意見があがっていた。

さらに、同時間帯で放送されたドラマ『あなたの番です』放送直後のツイートが毎回話題になっていた歌手の大塚愛も反応。「豪華すぎる俳優陣わからないことだらけスタート(中略)おうおう、また来週みなくては!」とツイートしていた。

賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の最終回が、12月15日に放送。インターネット上では、まさかの展開に視聴者が困惑する形となった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook