元タカラジェンヌで、現在はタレントのACHOUが、9月28日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「昔と違いすぎること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム大久保佳代子博多大吉

宝塚歌劇団月組で男役として活躍し、2013年に退団してからは、ド派手な髪型と破天荒なキャラクターで人気のACHOU。バラエティ番組では外国人と6股したエピソードを披露するなど、肉食系女子として注目を集めていたが、最近はそのイメージを払拭するような女子力の高い写真をSNSにアップしているという。

スタジオに登場したACHOUは、かつてのモジャモジャヘアーではなく、スッキリとしたアップスタイルで女性らしさを強調。有吉から、「イメージがまったく違いますね」と指摘されると、「あの髪型、みんな可愛いって言ってくれたんですけど、誰も真似してくれないし、本当は違うんじゃないかなってことを気づいて、止めました」と告白。さらに、バラエティなどで話した“6股のエピソード”についても、緊張のあまりお酒を飲んで出演し、つい勢いでしゃべってしまったものだと打ち明けた。

そもそも男性運はあまりよくない方らしく、初めて付き合ったイタリア人男性にはフラれる際に、“ラストキス”をされてしまったり、4~5年前に付き合った9歳年下の男性には金をせびられてしまったりといった、切ないエピソードの数々を披露。

そんなACHOUがよく恋愛相談をするのは、友人でもある女医の西川史子だそうで、有吉は「ダメな奴がダメな奴とつるんでる」とツッコみ、大吉も「マジで西川さんとは縁を切ったほうがいい」とアドバイスを送っていた。

そして、今回のACHOUへの禊は「5時間耐久“マラソン婚”への参加」に決定。これはマラソン好きの男女が集まり、走りながら会話を楽しむという婚活イベントで、「私、走るの一番嫌いなんです」と表情を曇らせるACHOUに対し、有吉は、「最後、ラストキスしてもらえるようにね」と参加を促していた。

番組ではその他、Gカップグラビアアイドルの清瀬汐希が登場。「実物とDVDのパッケージが違うこと」を反省した。

ダウンタウン・松本人志が​​主宰する人気番組『人志松本のすべらない話』シリーズ。現在、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、2004年に放送された記念すべき第1弾を含む、厳選された10回が期間限定で無料配信されている。

ページトップへ
Twitter Facebook