が主演を務めるドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が、8月14日に放送。インターネット上では、谷原章介の演技に恐怖する声があった。

原作は電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載中の東村アキコによる同名コミック。杏が演じる濱鐘子は、恋愛らしい恋愛をしたこともないまま気がつけば、「アラサー」「パラサイトシングル」「婚活疲れした派遣社員」などと不名誉なタグが全身に貼りついてしまった、32歳の「おひとり様女子」。ある日、1年間の派遣契約を終えた鐘子は一人旅に出かけた飛行機の中で、年下のイケメンカメラマン・丈(宮沢氷魚)と出会う。思いがけず旅先で食事をすることになるが、鐘子は自分が既婚者だと嘘をついてしまう。

前回、鐘子の目の前で丈が倒れ病院に運ばれた。丈は病気に侵されているのだが「貧血だった」と嘘をついて彼女を安心させる。鐘子は自分が既婚者ではないことを言いそびれたため、電話で告白することを決意。後日、意を決して連絡をするも「僕との遊びのせいで鐘子さんの幸せを壊すわけにはいかない」と言われてしまう。どうしても「遊び」というキーワードに引っかかってしまった鐘子。嘘をつき続けることで丈との交際は続けられるし、本当のことを言うと別れることになるため、鐘子は再び既婚者のフリをし続ける選択をした。

そんな中、姉の葉子(仲間由紀恵)は、不倫相手・風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合がある週末に、夫・賢治(谷原)から熱海旅行に誘われてしまう。結婚記念日を祝うことが出来なかったため、賢治がすべてを手配する気合いの入れようで、葉子は旅行に行くことに決めた。しかし、風太と電話をしたことで、心が揺らいでしまう。事情を知っている鐘子に、出発ギリギリまで彼の試合を観て、それから旅行に行くと宣言。彼はすでに葉子の不倫に気付いている様子だが、行きたい気持ちが強く、鐘子に「協力してほしい」とお願いした。

出発当日。休日出勤だと嘘をついて何とか試合観戦ができた葉子だったが、彼がボロボロになりながらの勝利で倒れてしまったため、医務室まで様子を見に行ってしまう。そのため新幹線の時間に間に合わず、賢治に「ごめん。仕事が終わらない。熱海に行けなくなった」とメール。何かを感じ取った賢治は、彼女の会社まで行き、出勤していないことを確認する。葉子には会社の近くにいることを伝え「怒らないから本当のことを教えて」と笑顔の絵文字入りで質問を投げかけた。それでも葉子は「鐘子といる」とごまかすと、そのメールを見た賢治は、ニヤリと笑い「嘘だ」とつぶやいた。

この鬼気迫る谷原の演技に「疑惑が確信に変わった瞬間の表情が怖い」「マジでホラー」との声が。また怒りを隠しながら賢治が追い詰める様子に「笑顔の絵文字怖すぎぃ!!!」「某ドラマみたいに『賢治の番です 〜反撃編〜』!?」といったつぶやきもあがっていた。

12月21日(土)21時15分から放送される加藤シゲアキ(NEWS)主演のスペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(フジテレビ系)の会見が15日、都内で行われ、加藤、ヒロインの中条あやみ、共演者の小瀧望(ジャニーズWEST)、寺島しのぶ、古谷一行が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook