刑事の遊佐清春を演じる賀来賢人

俳優の賀来賢人が、10月クールの日本テレビ系日曜ドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(毎週日曜22:30~)で主演を務めることがわかった。賀来は、冷徹で目的のためには手段を選ばない警視庁の刑事・遊佐清春を演じる。

『今日から俺は!!』からちょうど1年。コメディドラマを経て、俳優としてステップアップした賀来が日テレの日曜ドラマに帰ってくる。本作は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が手掛けるアンストッパブル・ミステリー。叩き上げの刑事・遊佐は、森の中で目を覚ますと、数カ月間の記憶を失っていた。右手には拳銃、横には上司だった女性刑事の死体。殺したのは自分なのか、それとも……。真相を追い求める遊佐に、かつての仲間だった同僚刑事が迫る。そして事件は未解決だった「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく。

すべての登場人物が疑心暗鬼の中、騙し騙されの人間模様が展開。武藤の描くリアルで緻密なストーリーの中で、賀来がどんな刑事像を演じるのかに注目が集まる。

賀来は、「再び日曜の夜にテレビドラマをやれる喜びを感じております。プロデューサーから細かい構想を聞き、そして台本を読み、間違いなく、今まで日本で見たことのない、スケールのドラマになると確信しました」と断言。そして、「こういう物語が見たかったんだ! という思いをぶつけられる作品になると思います。正義とは何か。人間とは何か。ぜひ最後まで見届けて頂けたら嬉しいです」とメッセージを寄せた。

また、本作のプロデューサーで、脚本の武藤とは『3年A組』でタッグを組んだ福井雄太プロデューサーは、「先々の構想を武藤さんと話しているのですが、毎話“は!?”となるような衝撃が皆さんを待ち受けております。ぜひ、お楽しみにしていただければと思います!」とアピール。

主演を務める賀来については、「粗暴で、超エキセントリックで、そしてとてつもなく人間臭い男・遊佐清春を賀来さんが演じていただけること、台本を読みながら賀来さんがどう演じられるのか想像するだけでワクワクが止まりません」と声を弾ませ、「賀来さん自身の持つ、“男らしさ”、“人間臭さ”、そして深く深く“心に訴える”賀来さんのお芝居の魅力を存分に楽しんでいただけるような作品にできればと思います。とにかくこのドラマ、“とんでもないこと”が起き続ける作品です。ぜひお見逃し無く」と締めくくった。

人気ドラマ『おっさんずラブ』の新シリーズ、土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)が、11月2日から放送がスタート。このたび主演の田中圭演じる“はるたん”こと、春田創一を取り巻く3人の男性(吉田鋼太郎、千葉雄大、戸次重幸)との“ラブシーン”写真が公開された。

ページトップへ
Twitter Facebook