田中圭が主演を務めるドラマ『あなたの番です ‐反撃編‐』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第15話が、8月4日に放送される。

本作は、4月から9月にかけて日本テレビでは25年ぶりとなる2クール連続で放送される大型ミステリー。都内のマンションに妻・手塚菜奈(原田知世)と引っ越してきた手塚翔太(田中圭)。幸せいっぱいの生活から一転、住民たちの“殺人ゲーム”に巻き込まれていく。前回までに、最愛の菜奈が何者かに殺され落ち込んでいた翔太だが、AIの研究をしている大学院生・二階堂忍(横浜流星)と協力しながら犯人を追い詰めていく。

第14話では、物語が急展開を迎えた。二階堂のAI分析から、美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)、浮田(田中要次)、菜奈を殺害したのは同一人物で、快楽殺人者の可能性が高いという結果が出る。そして、その人物として総一(荒木飛羽)の名前が挙がる。そんな中、夏祭りが行われ、総一はマンションの元住人・北川澄香(真飛聖)の息子・そら(田中レイ)と一緒に回ることに。一方、祭りを途中で抜け、駅のホームで電車を待つ黒島沙和(西野七瀬)の背後に何者かが忍び寄り……!?

<第15話あらすじ>
翔太(田中圭)、二階堂(横浜)、南(田中哲司)は、総一(荒木)を捕まえ、そら(田中レイ)を保護する。そらは澄香(真飛)のもとに戻り、総一は警察に引き渡される。翔太たちは、現場に駆けつけた水城(皆川猿時)から、黒島(西野)が電車のホームから突き落とされたと聞く。

神谷(浅香航大)は、正志(阪田マサノブ)の供述から収賄と交換殺人ゲームの隠蔽によって、懲罰会議にかけられることになり、当面謹慎処分となる。神谷のために手柄を上げると息巻く水城をよそに、神谷は独自に捜査を続け、思わぬ事実にたどり着く。一方、翔太は、早苗(木村多江)と正志の協力者である謎の声の主が神谷だと気付く。

二階堂のAIによる分析では、菜奈(原田)を殺した犯人は現時点で赤池夫妻(峯村・徳井)、浮田(田中要次)、そして佳世(片岡礼子)の4人も殺している可能性が高いという結果が出る。そして、その犯人像に近い人物として、ある住民の名前が挙がる。

そんな中、夏祭りの出店で使った金の精算をするため、住民たちが集まる。南は住民たちに向かって「知ってることがあるなら何でも言い合いましょう」と言い出す。南に焚き付けられ、お互い疑心暗鬼になる住民たち。彼らは南にも疑念を抱き、彼を問い詰める。すると南は、自分の正体を明らかにする――!

木村文乃が主演を務め、要人に仕える秘書たちの活躍を描くドラマ『七人の秘書』が、10月22日に放送スタート。菜々緒演じる長谷不二子の“ドS”ぶりに、インターネット上では「菜々緒に怒られるのはご褒美でしかない」などの声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook